ちどりのあしあと - 衣食住の歴史

Home > スポンサー広告 > 衣食住の歴史

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/731-3cc7dedf
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 衣食住の歴史

Home > Diary > 衣食住の歴史

衣食住の歴史

衣食住の歴史 表紙

今年は仕事のお話しも少し書いていこうと思います。

学研から出る『衣食住の歴史』という図鑑にイラストを何点か描かせてもらいました。『絵でわかる社会科事典』というシリーズの一冊で、学校図書館を中心に置かれるそうです。

高い本ですが、Amazonでは買えるようですよ。下のリンクをクリックすると、商品詳細ページにジャンプします。

衣食住の歴史 (絵でわかる社会科事典 6巻)

内容紹介によると、「日本の歴史を子どもに身近な「衣食住」の観点で調べられる本格絵事典。前半は楽しいイラストで概要がつかめ,後半は前半に出てきた内容を50音順でひけて,写真や図を豊富に使った解説で理解を深められます。社会科を学習するときの調べ学習に最適です。」だそうです。

私は前半のイラストページの中でも『戦の衣食住』という部分を担当していて、時代によって変わる武具や食べていたものなどを描きました。

戦の様子を描いているものの、私の絵ですからどれもかわいくなっちゃっているんですが、古くは弥生時代から集落の周りに壕を掘ったり柵を作ったり、斧や槍や弓で武装して、鎧のようなものも木で作ったりして、けっこう本格的に戦をしていたようですね。

その後は、「戦国時代」は言うに及ばず、現在に至るまで日々人間は戦争をしてきたわけで、暗澹たる気持ちになりますね。拝啓、ジョン・レノーン!

縄文時代に戦はなかったようですから、原発をなくしたら電気が足りなくなって縄文時代に逆戻りだ!それでもいいのか!と脅す人がいましたが、ひょっとしたらそれもいいのかもしれませんね。

イラストを描く際に参考にしたものに、『後三年合戦絵巻』という、南北朝時代に描かれた、現存する日本最古の絵巻物がありました。

参考リンク: 後三年合戦絵巻 - e国宝

合戦シーンでは、切られて血が噴き出したり矢が刺さったりしている阿鼻叫喚が細かく描写されているのですが、その隣には、魚や雉を料理している場面も描かれていました。鎧を着て矢を背負ったままなのがリアルな感じです。この料理は将軍とか上級武士用でしょうが、殺し合いの隣りにも食はあるということですね。まさに「腹が減っては戦はできぬ」です。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/731-3cc7dedf
Listed below are links to weblogs that reference
衣食住の歴史 from ちどりのあしあと

Home > Diary > 衣食住の歴史

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。