ちどりのあしあと - 映画『日本心中』上映会

Home > スポンサー広告 > 映画『日本心中』上映会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/633-4e6b8d68
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 映画『日本心中』上映会

Home > Diary > 映画『日本心中』上映会

映画『日本心中』上映会

7月18日(土)の針生一郎さんが/と語るつどいに続いて、今度は、針生一郎さんを記録に収めた映画『日本心中』の上映会が、10月31日(土)に渋谷でおこなわれます。下に詳細を載せました。定員が30人だということなので、事前に予約してからお出かけください。

なお、この『日本心中』には、『9.11-8.15日本心中』という続編があります。10月31日の上映会の後、日を改めて続編の上映会も計画されているようです。

【参照リンク】映画『日本心中』ホームページ

ドキュメンタリー映画上映会
『日本心中-針生一郎-日本を丸ごと抱え込んでしまった男』
監督大浦信行さんを迎えて~


■「日本心中-針生一郎-日本を丸ごと抱え込んでしまった男」2001年制作■
2002年にシネマ下北沢で公開されたこの映画は、単館レイトショーとしては異例のヒットを記録し、大浦の表現活動は新たな領域に入った。そして2005年制作の映画「9.11-8.15日本心中」(モントリオール世界映画祭正式招待作品)では、重信メイというもうひとりの新たな主人公を得て、渾然一体となった自己の無意識と歴史の古層から汲み上げた想像力を激動する現在の世界に真正面からぶつけ、あるべき未来を指し示そうとしている。立ち止まることのない大浦の表現は早くも次回作の構想に向かっている。


■大浦信行プロフィール■
1949年富山県生まれ。19歳から画家を志し絵画制作を始める。24歳の頃から映画制作を始め1976年より86年までニューヨークに滞在。この間、画家荒川修作のもとで7年間助手を勤める。1986年帰国後彫刻制作を始める。一方昭和天皇を主題にした版画シリーズ「遠近を抱えて」が日本の検閲とタブーに触れ「大浦・天皇コラージュ事件」に発展、裁判に訴えるも全面敗訴となる。この事件を通して日本における「表現の白由」、天皇制とタブー、検閲について、社会・美術・言論界に問題を提起した。



より大きな地図で サティ渋谷店 を表示

日時:2009年10月31日(土)16:00~18:00

場所:サティー 渋谷店

(東京都渋谷区渋谷2-5-9パル青山102 TEL 03-3409-9667)
1,000円(ワンドリンク付き)30名(要予約)
※上映終了後監督を囲んで交流の場に致します。こちらもご参加ください。(実費)

予約:TEL/FAX 048-462-7306 塚原曄子

※今回は針生先生にご出席頂けませんが次回の 第二部の上映にはご出席下さるとのことです。

後援:丸木美術館・大山メガネ・二番廣房





Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/633-4e6b8d68
Listed below are links to weblogs that reference
映画『日本心中』上映会 from ちどりのあしあと

Home > Diary > 映画『日本心中』上映会

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。