ちどりのあしあと - 日本における死刑執行数の推移

Home > スポンサー広告 > 日本における死刑執行数の推移

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/588-2298f0c4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 日本における死刑執行数の推移

Home > Diary > 日本における死刑執行数の推移

日本における死刑執行数の推移


Number of Executions in Japan (1945-2008.10.28)

クリックすると大きい画像がみられます


10月28日に久間三千年死刑囚(70)と高塩正裕死刑囚(55)の死刑が執行されました。

今年に入って15人。これはどういう数字なのかを考えるためにウェブをさまよってみると、死刑についてのデータを丹念に集めているサイトを見つけました。

犯罪の世界を漂う http://www.geocities.jp/hyouhakudanna/climb.html

このサイトの死刑確定囚リストをみると、現在拘置中の死刑囚は、今回の執行で101人になったそうです。どういう順番で執行が決まるのでしょう。ざっとみたところ今回の2人より早く死刑が確定している死刑囚はたくさんいます。年齢でもなさそうです。

久間死刑囚の事件は自白も物的証拠も一切なく、血痕のDNA鑑定が死刑判決の決め手になったようですが、本人は一貫して犯行を否定していました。そんな中、2006年9月8日に死刑が確定して2年での執行は、事情をよく知る人々には驚きだったようです。弁護団は再審請求を準備中だったとも伝えられています。高塩死刑囚は2006年12月20日に本人が上告を取り下げて死刑が確定。こちらも2年足らずのスピード執行だといえます。因みに久間死刑囚は福岡拘置所に、高塩死刑囚は仙台拘置支所に拘置されていました。

死刑執行・判決推移のページには、戦後の死刑判決と死刑執行の推移がまとめられています。冒頭のグラフはこのデータから死刑執行数を抜き出して作りました。

グラフにしてみると、今年の執行数はここ30年間で最多で、一昨年から急激に増えていることが一目でわかります。私は死刑はない方がよいと思っていますので、これは憂うべき状況です。

死刑については、私自身がもっと多くのことを知りたいと思っています。そのためにこのサイトは大変ためになるでしょう。死刑制度の賛否に関わらずぜひ訪れることをお勧めします。



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/588-2298f0c4
Listed below are links to weblogs that reference
日本における死刑執行数の推移 from ちどりのあしあと

Home > Diary > 日本における死刑執行数の推移

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。