ちどりのあしあと - 憲法前文をちょっとだけ読む

Home > スポンサー広告 > 憲法前文をちょっとだけ読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/557-b20c1eaf
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 憲法前文をちょっとだけ読む

Home > Diary > 憲法前文をちょっとだけ読む

憲法前文をちょっとだけ読む

憲法記念日に憲法を読んでみる。前文のはじめの2項だけね。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらはこれに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。


『主権在民』である。国を動かす権力は国民ひとりひとりが持っているのだぞ、ということである。

でも、国民ひとりひとりが、いつも政治のことを議論したり決めたりするのは大変骨が折れるので、国民のために働きたいという人たちに、国民が持っている権力を預けて働かせているのである。

ここで肝心なのは、「働かせている」のであって「働いてもらってありがたいのう」ではないということだ。なんといっても国民がいちばん偉いのである。ところが日本人には、権力を持っている者についへりくだってしまう癖がある。こいつがとても厄介だ。

ともあれ憲法では、本来権力を持っている国民と、国民の代表として権力を担っている国会や内閣や裁判所とが、はっきり区別されている。

どうも最近この辺りがうやむやになっている気がしてならない。いちばん偉いのは国民のはずなのに、いちばん偉そうにしているのは国民か、はたまた政府か。

イラクで人質になった人たちに、救出費用を請求するという一件にしても、決して彼らは罪人ではないのだから、政府に迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたという気持ちは、道義としてあっても、お金を払うような問題ではないはずだ。

そもそも今回、人質救出に使われたのは、国民が税金として、これでしっかり国政をおやりなさいよと、政府に任せたお金であるのだから、国民を救出するために使うのは、至極まっとうなのである。

それを「自業自得」と言って、国民の保護をおろそかにするような政府は、甚だしく主従関係をはき違えているのである。ましてや経費を請求するとは何様のつもりじゃ!と怒って良いところなのだ。

気が重いのは、そう言って怒るよりむしろ、国に迷惑をかけやがって!と、政府と同じ側に立ってものを言う国民が多かったことなのだ。

近頃いよいよ現実味を帯びている改憲論においても、政府は圧倒的に改憲側に傾いている。何をどうごまかしても、改憲の主眼は自衛隊を軍隊として認めて、戦争のできる国にしようということなのは明らかだ。

そして憲法前文には、国民は政府が戦争を起こさないように気をつけなさい、と実にはっきりと書いてある。今まさに国民は、政府に対して厳しく警告するべき時なのだ。

ただしこれは、国民が戦争を望まない、ということが大前提なのだ。小泉首相が何を言ったって、国民がダメだといえば彼は何もできない。それが民主主義というものだ。主権在民というものだ。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/557-b20c1eaf
Listed below are links to weblogs that reference
憲法前文をちょっとだけ読む from ちどりのあしあと

Home > Diary > 憲法前文をちょっとだけ読む

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。