ちどりのあしあと - 田中一村展

Home > スポンサー広告 > 田中一村展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/550-93e50417
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 田中一村展

Home > Diary > 田中一村展

田中一村展

そごう美術館で始まった田中一村展に行ってきました。田中一村(1908-1977)は、50歳で奄美大島に移り住み、動植物を中心にした独特の風景画を描いた画家です。

やはり奄美に移ってからの作品が抜群に良く、それまでに描かれた絵も展示されていますから、よくぞここまでたどり着いた!という感慨がありますね。掛け軸のような縦長の絹に、コントラストの効いた独特の構図で描かれた、ビロウやソテツといった熱帯の植物、そしてアカショウビンに代表される鳥たち。墨や顔彩の色もきれいだし、それはそれは丁寧に描き込んであるんですよ。彼が晩年に描いて、自ら「エンマ大王への土産」と呼んだ自信作『アダンの木』などを見ると、遠くに描かれている海岸に打ち寄せる波のひとつひとつや金色に輝く空、実にいきいきとしていて見飽きることがありません。ぜひ実物を間近にご覧になることをお勧めしますよ~。

25日までが横浜で、その後、大阪、福岡、広島、東京、北海道、兵庫、鹿児島と、半年かけてまわるようです。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/550-93e50417
Listed below are links to weblogs that reference
田中一村展 from ちどりのあしあと

Home > Diary > 田中一村展

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。