ちどりのあしあと - フライング

Home > スポンサー広告 > フライング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/537-9083b60d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > フライング

Home > Diary > フライング

フライング

本日の注目記事『世界陸上で混乱、100m失格選手が抗議の"ふて寝"』

世界陸上見てますか~。織田裕二が可笑しいのでつい引き込まれますね。今日の注目は、短距離走のフライングについてです。

現在の計測方法は、スタートの時に足を乗せるアレ、スターティング・ブロックっていうらしいですけれど、アレにセンサーが仕込んであって、20kg以上の重さが加わった瞬間を記録するのです。その時間が「位置について、よ~い、どん!」の瞬間から0.1秒以内だったらフライングになり、1レースにおいて1回目のフライングは警告、2回目以上になると誰がフライングをしても即退場。と~っても厳しいです。

どん!の瞬間から0.1秒以内をフライングと決めた根拠ですが、そんなに早く反応できるわけがない、人間の限界を超えている、というものです。そうはいっても、そもそもが人間の限界に挑戦する競技。0.1秒で区切って良いのでしょうか。0.09秒で反応できるってことはあり得ないんでしょうか。

とはいえ0.09秒と0.11秒の違いなんて、人間の目では違いがわかるはずもありませぬ。本来はそんな鈍感な人間の手助けになるはずの計測機器。フライングの発見に囚われすぎるのは間違った使い方ではないでせうか。

でね、私が思うのは、フライングは目で見てわかる範囲で採ればいいじゃん、というもの。いや、もしかしたらフライングなんか採らなくてもいいかも。だってね、スタートの時間がそれだけ正確にわかるんだったら、ちょっとぐらい早かろうが遅かろうが、グイッと踏み切った瞬間からゴールラインを越した瞬間までの時間を計ればいいんで、実はそれが一番『正確』な記録だったりするわけです。

そうなると「よ~いどん」も無くていいってことになっちゃうんだけど、三々五々スタートしていくのを見ていても面白くないし、競争相手がいた方が力も湧くだろうから、競争のスタイルはそのままでね。そんなことを私は声を大にして世界陸連に提案したいのでありますが、さて、フランスはどちらの方角でしたでしょうか。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/537-9083b60d
Listed below are links to weblogs that reference
フライング from ちどりのあしあと

Home > Diary > フライング

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。