ちどりのあしあと - K口湖に行ってきました

Home > スポンサー広告 > K口湖に行ってきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/536-fe91f329
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > K口湖に行ってきました

Home > Diary > K口湖に行ってきました

K口湖に行ってきました

K口湖に行ってきましたがやはり天気は思わしくなく、F士山は拝めませんでしたねえ。・・・あまり伏せ字にする意味もないですね。
そんなわけで娯楽といえばインドアだったのですが、お勧めがふたつあります。

『オルゴールの森』は展示物の質と量がすばらしいです。レコードが出来る以前の自動演奏楽器に興味があるなら大変勉強になります。大概どこかで解説付きの演奏をしているので、広い敷地内をぶらぶらしていると丸一日いても飽きません。メインホールでは1時間ごとに2曲ずつプラハから来たという弦楽四重奏団の生演奏も聴けます。ミュージアムショップでは、好きな曲のオルゴールと箱を選んでペイントまで出来る工房があって、子供たちに好評でした。レストランの食事もおいしく、職員の物腰も柔らかで、大変良くできた施設だと感心いたしました。

『中原淳一美術館』は、彼の作品と、情熱的な人となりや考え方がよくわかる美術館です。『美』に対する思いの強さはすごい。そしてその才能。洋服のデザインが素晴らしいのに加えて、それを表現する技法の確かさには驚きました。イラストの原画は実にきれいですよ。これをおかずにご飯5杯くらいは楽勝です。昔、手塚治虫の原画を見たときにも思ったのですが、ベタといわれる墨で塗りつぶした部分がきれいなんです。印刷するときには、多少ムラがあっても構わないんですが黒々としているんです。他にも当時の印刷では再現しきれない部分でも力を抜いていないんですね。我が身を省みて大変考えさせられました・・・とほほ。図書室には彼の著作や雑誌『それいゆ』などが置いてあり、ソファでゆっくりと読むことが出来ます。テーブルには紙と色鉛筆が置いてあり、絵を描くことも出来ます。工房には端切れとミシンが置いてあって、自由に創作が出来る。一人一人の『美』の追求ですね。おまけに小学生までは無料なんです。志の高さを感じられる美術館でした。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/536-fe91f329
Listed below are links to weblogs that reference
K口湖に行ってきました from ちどりのあしあと

Home > Diary > K口湖に行ってきました

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。