ちどりのあしあと - 東電の原発が再び動き出す

Home > スポンサー広告 > 東電の原発が再び動き出す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/526-d4e4b63e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 東電の原発が再び動き出す

Home > Diary > 東電の原発が再び動き出す

東電の原発が再び動き出す

4月15日から東京電力の原発17基すべてが運転を止めていました。原発のトラブル隠しが発覚し、検査のために仕方なく止めたのです。原発は無くなればいいと思っている私には喜ばしい状況だったのですが、新潟の柏崎原発6号機が今日の夕方にも運転を再開するという報道が流れました。新潟県知事、柏崎市長、刈羽村長は東電からの申し入れを拒否しきれなかったようです。残念です。

東電は最近、原発を動かさないと夏場の電気が足りないというキャンペーンを展開し、早期の運転再開を目指してきました。ただし、これは原子力体制を維持したいがための『誇大宣伝』です。

国策に寄りかかり原子力に頼り過ぎたあげくに不祥事がバレて、電力会社にとっては最も大切な、電力の安定供給を揺るがすような大穴を明けてしまった。これは大失態です。

それなのに、消費者に対しては節電、節電と言い、自らは何らやりくりする姿勢を示さず早々とお手上げのフリをして、原発、原発と泣き真似をしてみせる。この機に電力不足を喧伝することによって、原発が不可欠であるという印象を植え付けてしまえ!あー、まったく、よくこうも悪知恵が働くものです。

実際に電力消費量が最大になって、発電量の限界に近づくのは、真夏のとても暑い日の午後2時過ぎだけです。毎日ではありません。この一瞬だけやりくりすればいいのです。その気さえあれば、何ら難しいことではありません。

しかし、多くの人は、原発が無くなったら停電が起きるとか、生活レベルが下がるように思っているかもしれませんね。実際にはそんなことはないのですが。と、歯ぎしりしてばかりもいられません。せめてこのサイトを覗いてくれる人にはわかってほしいから、チドリアンでも今後、原発を巡る問題を少しずつ説明していきたいと思います。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/526-d4e4b63e
Listed below are links to weblogs that reference
東電の原発が再び動き出す from ちどりのあしあと

Home > Diary > 東電の原発が再び動き出す

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。