ちどりのあしあと - 私的歳末映画祭・前編

Home > スポンサー広告 > 私的歳末映画祭・前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/467-f6d016d3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 私的歳末映画祭・前編

Home > Movie > 私的歳末映画祭・前編

私的歳末映画祭・前編

師走だ師走だと忙しいふりをしているときに考えたアイディア、“1日まるまる映画館のハシゴをする”というのを先日実行してきた。4本観られた。

『麦の穂をゆらす風』

12月27日水曜日、朝9時過ぎ。前日の大雨とアルコールがたっぷり染み込んでブヨブヨになった渋谷の街を、ひとり意気揚々と向かったのは、Bunkamura向かいのシネアミューズ。私的歳末映画祭の栄えあるオープニングに選ばれたのは、イギリスの巨匠ケン・ローチ監督の『麦の穂をゆらす風』だ!

シネアミューズは、スクリーンや音響設備や諸々がまさに「ミニ」なシアターだったが、水曜日性別問わず1000円なのは実に喜ばしい。作品にも大満足。ただの感動作ではない深みのある映画だった。アイルランドとイギリスの関係という視点を飛び越えた、もっと普遍的な問いを突きつけられた感じだ。星4つ。☆★★★★

『合唱ができるまで』

シネアミューズを出るともう正午過ぎ。昼食の時間だけれど、まずやることを済ませてから。Bunkamuraの交差点をホテル街の方へ上がって、移転したユーロスペースへ。14時過ぎからの『合唱ができるまで』のチケットを購入。整理番号4番だった。

そしてさらに、ホテル街を突っ切り、百軒店を抜け、道玄坂のシネゼゾンへ。ここで今日4本目に予定しているレイトショーのチケットを購入。整理番号1番ゲット!1日同じ街にいると、定員入れ替え制で予約ができるのっていいなと思う。

ここで昼食。沖縄そば定食(☆☆☆☆★…)を食べた後、Tully's で小一時間。そして再びホテル街に突入!いやはや、このロケーションは刺激的だね。ユーロスペースのスクリーン1は91席。傾斜が急なので見やすい。シートの間隔が狭いのだけが玉に瑕だ。

『合唱ができるまで』は、パリのアマチュア合唱団とそれを指導する女性を追ったドキュメンタリーだが、とてつもなく面白い映画だった。なんというか、1本目が暴力の悲劇を描いた映画だったので、なおさら感激してしまったのかもしれないが、芸術の素晴らしさや人間の可能性を感じられて本当に良かった。文句なしの星5つ。★★★★★

終映後、感動の余韻に浸りながらも、予定していた3本目のチケットを手に入れるべく明治通り方面に歩き始めたが、その時心の中にはひとつの迷いが生じていた…。長くなったので後編に続く!

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/467-f6d016d3
Listed below are links to weblogs that reference
私的歳末映画祭・前編 from ちどりのあしあと

Home > Movie > 私的歳末映画祭・前編

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。