ちどりのあしあと - 教育基本法が殺される

Home > スポンサー広告 > 教育基本法が殺される

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

悠歩 URL 2006-11-23 (木) 18:17

教育基本法は日本国憲法よりもさらにシンプルで完成されていると思います。
これ以上余計なことを言う必要のない法律であって、これに余計なことを付け加えるならば、その余計なことに教育現場はしばられることになってしまいます。
「人格の完成をめざす」これほど教育とは何かを簡潔に示した言葉はないでしょう。これ以上は余計なことです。
ああしろこうしろではなく、崇高な理想、精神を示した基本法を変える必然性は全然感じられません。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/457-9e77ca45
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 教育基本法が殺される

Home > Opinion > 教育基本法が殺される

教育基本法が殺される

とにかく私の代理であるはずの代議士は私の思い通りに国を動かしてくれない。きっと大方の国民の意には添っているのだろうよ。
と悔し紛れの捨てぜりふなど吐いている間に、教育基本法改定案が委員会採決されてしまった。誠に腹立たしく悲しむべき事態である。と同時に、捨てぜりふしか吐けないような窮状になってからしかものを言えなかった私の怠慢さを恥じる。
今ごろになって、本当に今ごろになって抗議のメールなど書いている。まったく情けない限りだ。
愚痴ってばかりではどうにもならない。事態は好転することもなかろうし、私の鬱屈した気持ちも一向に晴れはしない。せめて久々にブログを更新しておこうとキーボードを叩いている。

日本国憲法に負けず劣らずこの教育基本法は、格調高く個人の自由をうたいあげている。これのどこを変える必要があるというのか。
愛国心を持つべきだというのなら、愛するに足る国を作ればよいのだ。手を付けるのは教育ではない。
日本は四季があるから美しい国だというのなら、山を切り崩して道路やマンションを作るのではなく、木々を育むべきなのだ。二酸化炭素排出量を減らして熱帯化を防ぐ努力を真剣にやればよいのだ。
普段は自然の移ろいなどないがしろにしているくせに、唱歌「ふるさと」に出てくるような幻の風景を持ち出して、だから日本はいい国だ、それ愛しなさいというのは見当違いもいいところなのである。私はこんなインチキだらけの日本は大嫌いだ!

はあはあ。ちょっと息切れがしました。

いまいちど教育基本法を読み返して欲しい。いくつかのリンクも張っておきます。

 われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。

(教育の目的)
第1条 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

(教育の方針)
第2条 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。

Link: 教育基本法・条文

Link: 保坂展人のどこどこ日記 高橋哲哉氏意見陳述(教基特名古屋地方公聴会)
Link: あんち・アンチエイジング・メロディ 気味の悪い愛国教育・きのうのクローズアップ現代
Link: 大マスコミはなぜ反対しないのか~教育基本法改悪~ 日刊ゲンダイ
Link: 教育基本法案について-文部科学省

Comments:1

悠歩 URL 2006-11-23 (木) 18:17

教育基本法は日本国憲法よりもさらにシンプルで完成されていると思います。
これ以上余計なことを言う必要のない法律であって、これに余計なことを付け加えるならば、その余計なことに教育現場はしばられることになってしまいます。
「人格の完成をめざす」これほど教育とは何かを簡潔に示した言葉はないでしょう。これ以上は余計なことです。
ああしろこうしろではなく、崇高な理想、精神を示した基本法を変える必然性は全然感じられません。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/457-9e77ca45
Listed below are links to weblogs that reference
教育基本法が殺される from ちどりのあしあと

Home > Opinion > 教育基本法が殺される

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。