ちどりのあしあと - Living With War / Neil Young

Home > スポンサー広告 > Living With War / Neil Young

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/446-7843f5ad
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > Living With War / Neil Young

Home > Music > Living With War / Neil Young

Living With War / Neil Young


ニール・ヤングのニューアルバムは「反戦」がテーマで、すべての曲がブッシュ大統領とその政策を批判する内容になっています。なんでも3日で録ったという話ですが、ロックという音楽には、荒々しさが良い結果に結びつくことが往々にしてありますね。私は、あまり彼の熱心なファンではありませんが、トレードマークの轟音ギターは随所に聴けるし、信号ラッパのようなホーンとゴスペルのようなコーラスも印象的で、素晴らしいアルバムだと思います。

アメリカでは5月8日にリリースされましたが、ウェブで全曲聴くことができます。より多くの人に聴いて欲しいという彼の心意気が伝わってきます。ところが日本盤の発売は1ヶ月以上先の6月21日です。ずいぶんのんびりしていますね。そんな中、サンフランシスコ在住のsaoriさんが、すべての歌詞を和訳して公開されました。素晴らしい行動力とその成果にありったけの賛意を表します。ありがとう!ありがとう!ありがとう!×∞

Living With Warの全曲を聴く - Link
歌詞の日本語訳を読む - Link

Dixie Chicksが「私たちはテキサス出身の大統領を恥ずかしく思っている」と発言して大バッシングを浴びたのが2003年3月。先日紹介したPinkのDear Mr. Presidentといい、3年経ってようやくアメリカはモノが言える国に戻ってきたようです。

しかしです。彼らには共感するものの、なぜこれを3年前に言えなかったのかということがどうしても引っかかります。あれからたくさんのイラク人が殺され、今もまだ過酷な状況下にあるのですから。

などと偉そうなことを言ってはいますが、わが日本政府は真っ先にアメリカ支持を表明したんですよね。大喜びで自衛隊を派兵し今も駐留を続けています。そればかりか、今にも共謀罪ができてしまいそうだし、その後には教育基本法の改悪や改憲も控えています。日本国民こそが目を覚まさなければいけませんね。ああまったくいまいましい!

[Translate this page]
Tags: , , , , ,

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/446-7843f5ad
Listed below are links to weblogs that reference
Living With War / Neil Young from ちどりのあしあと

Home > Music > Living With War / Neil Young

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。