ちどりのあしあと - 映画・音楽・演劇など 2005年総決算

Home > スポンサー広告 > 映画・音楽・演劇など 2005年総決算

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

まめどまめ URL 2006-01-17 (火) 21:46

トラックバックいただき恐縮です。
私は音楽は全然聴きに行ってません。
演劇ももっと行きたいです。
ナマの肉声、演奏、演技に触れるのもいいなと思います。
名優、大女優といわれる人は噛もうが噛まれようが(?)許されちゃうかな?

nami_chidori URL 2006-01-18 (水) 11:00

忘れてました!
6月にそごう美術館で円空展を見ていました。あとで書き加えておこう。

吉田日出子に関しては、あちこちのブログで、噛み噛みだったことやカンペを使っていたことなどが指摘され批判されています。大好きな役者なだけに歯痒いです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/413-2fde6070
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > 映画・音楽・演劇など 2005年総決算

Home > Diary > 映画・音楽・演劇など 2005年総決算

映画・音楽・演劇など 2005年総決算

まめどまめさんの投稿にならって、昨年の“芸能活動”を振り返ってみました。

映画
・02/07カンフーハッスル@シネプレックス平塚
・03/23故郷の香り@銀座テアトルシネマ
・08/01劇場版ポケットモンスターAG ミュウと波導の勇者 ルカリオ@藤沢フジサワ中央
・09/29ランド・オブ・ザ・デッド@横浜109シネマズみなとみらい
・12/25美式天然@横浜BankART 1929 Yokohama

【感想】
昨年は映画館になかなか行けなかったなあ。見たいと思う映画が少なかったということも理由のひとつだけれど、楽しみにしていた田中裕子の映画も見そびれ未だ見られず。そうしたら田中さんはいろんな映画賞を総なめ。悔しい。今年は月イチくらいのペースでいきたいな。

演劇
・2/16コーカサスの白墨の輪@世田谷パブリックシアター
・4/6母アンナ・フィアリングとその子供たち@両国シアターΧ

【感想】
『コーカサス…』はブレヒトの戯曲を串田和美が演出したもの。休憩時間に舞台上でワインの販売をして、そのうち客のいる中で芝居を始めてしまうところなんかもう最高。当然私もその中に混ざってきました。谷原章介くんはどこまでもスマートで軽味があってVery good! 串田さんのつくる芝居は、彼のように力を抜いて(もしくは「力を抜いているようなフリをして」)やらないと浮きますよ…と松さんに言ってやりたいです。全球150km/hな感じが痛いと思ったのは私だけでしょうか。

『母アンナ…』もブレヒトさん。別に好んで選んでいるわけではなく、吉田日出子久々の舞台という理由で。イスラエルのルティ・カネル女史の演出はよかった。舞台美術なんかは好みです。吉田さんはさすがの存在感なのだけれど、あまりにもセリフをお噛みになるので悲しかった。もっとたくさん舞台に出て、現場感覚を取り戻していただきたいと思いましたよ。

音楽
・1/20パスカルズ 横浜大行進!@横浜サムズアップ
・1/22宇野功芳指揮 ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」@川口リリアホール
・10/26グローニャ・ハンブリー( Irish harp )@平塚市民センター大会議室
・11/20ショーン・ライアン( Irish whistle )@藤沢Interplay
・12/1上原ひろみ@品川プリンス・ステラボール
・12/20Weezer@新木場STUDIO COAST

【感想】
ブログで触れなかったグローニャ・ハンブリーとショーン・ライアンは、ともにアイルランドのミュージシャンで、その筋の人々には夙に有名な守安功・雅子夫妻との共演です。ハンブリーさんは、若いのに伝統的な曲も現代的な曲も器用にこなしてとてもお上手でした。ライアンさんはその筋の人々にはこれまた夙に有名で、それはもう凄まじいテクニックに圧倒されました。ホイッスル一本であれだけできるとはコストパフォーマンスがよろしいと、一緒に行った仲間内で笑い合いました。

思い返せば美術館に行っていないぞ!アートがないとはこのことか!

【追記】2006/01/18
「アートがない」と書きましたが、ありました!

・6/2円空展@横浜そごう美術館

【追・追記】2006/01/23
映画をもう一本観ていました!総決算のくせに忘れすぎ!上のリストにも加えました。

9/29ランド・オブ・ザ・デッド@横浜109シネマズみなとみらい

感想をひとこと。

ゾンビ映画家元の作品だけに、気品あふれる作品に仕上がっています。グロテスクなのになぜか心が温まるのは、昔から変わらぬロメロ・テイストですね。

ゾンビたちは、どこかの亜流と違い突然走り出したりはしませんが、徐々に進化していく様が描かれます。しかしこれとて家元がやったとなれば、今後はこれがスタンダードになるのです。

そして相変わらず役者が地味です。だからデニス・ホッパーが浮いています。ダリオ・アルジェントの娘アーシアも巷では評判ですが私は初見。なかなか格好良かったです。

[Translate this page]

Tags:

Comments:2

まめどまめ URL 2006-01-17 (火) 21:46

トラックバックいただき恐縮です。
私は音楽は全然聴きに行ってません。
演劇ももっと行きたいです。
ナマの肉声、演奏、演技に触れるのもいいなと思います。
名優、大女優といわれる人は噛もうが噛まれようが(?)許されちゃうかな?

nami_chidori URL 2006-01-18 (水) 11:00

忘れてました!
6月にそごう美術館で円空展を見ていました。あとで書き加えておこう。

吉田日出子に関しては、あちこちのブログで、噛み噛みだったことやカンペを使っていたことなどが指摘され批判されています。大好きな役者なだけに歯痒いです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/413-2fde6070
Listed below are links to weblogs that reference
映画・音楽・演劇など 2005年総決算 from ちどりのあしあと

Home > Diary > 映画・音楽・演劇など 2005年総決算

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。