ちどりのあしあと - Born into Brothels

Home > スポンサー広告 > Born into Brothels

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/312-526e9035
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > Born into Brothels

Home > Movie > Born into Brothels

Born into Brothels

kochi_silhouette.jpg

この写真を撮ったのは、10歳の少女Kochi。インド・カルカッタの売春窟で生まれ育った。売春窟の少女は当然のように売春婦になる。おかあさんもおばあちゃんも売春婦。それ以外に生きていく道はない。そんな場所。

イギリス人のフォト・ジャーナリスト、ザナ・ブリスキーは、1995年にこの地を訪れて衝撃を受け、子供たちと生活を共にしながら、子供たちに写真を撮らせる試みを始める。

カメラを与えられた子供たちが撮影するのは、自分たちが暮らす売春窟の日常。しかしそこには単なるスナップを超えた美しさ力強さに満ちた風景が切り取られていた。ブリスキーたちはこの写真を欧米で公開し、寄付を募り、子供たちを夢も希望も持てないような悪循環から抜け出させようと奔走する。

そんな取り組みと子供たちの日常を、ブリスキーたちは一本のドキュメンタリー映画にする。映画の収益ももちろん子供たちのために使われる。映画のタイトルは"Born into Brothels"、売春窟に生まれついて、というそのものズバリのタイトル。公開された映画は評判になり、なんと第77回アカデミー賞のドキュメンタリー映画賞を受賞することになったのだ。

インド情報ブログ『これでインディア エクスプレス』によると、映画に出演した16歳の少年は、「ザナおばさんがオスカーを取った!僕たちがオスカーを取った!ザナおばさんは僕たちの誇りだ!僕たちに新しい人生をくれた!」と喜んでいるという。 ブリスキーたちの取り組みが、今後さらに大きい実を結ぶことを願って止まない。

ところが、ここからが問題なのだ。なんとこの映画、日本での公開が決まっていないらしい。アカデミー賞好きの日本人だったら公開して当然なんじゃないか。ミニシアターばやりの昨今、なぜ手を挙げる配給会社がいないのか。聞けばアカデミー賞に3部門でノミネートされた"Hotel Rwanda"も日本公開されないらしい。まったくもって解せぬ。

冒頭の写真を撮ったKochiは今、"the Sabera Foundation home for girls"というところで生活しながら、英語とコンピューターのスキルを身につけようとしているらしい。因みにこの "the Sabera Foundation"というのは、インドの貧しい少女たちを支援する基金で、メラニー・グリフィスやペネロペ・クルスらが支援していることで知られている、らしいよ。俺は知らなかったけど。

とにかくこの映画"Born into Brothels"の日本公開をのぞむ。関連ページへのリンクを最後に貼り付けておくので、ぜひ覗いてみてくださいませ。

Kids with Cameras
 ブリスキーらによるプロジェクトのサイト。子供たちの写真と少しだけ動画が観られる。(英語)
町山智浩アメリカ日記
 映画評論家・町山智浩さんによる"Born into Brothels"についての記事。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/312-526e9035
Listed below are links to weblogs that reference
Born into Brothels from ちどりのあしあと

Home > Movie > Born into Brothels

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。