ちどりのあしあと - オレンジの詰め合わせ

Home > スポンサー広告 > オレンジの詰め合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/300-344915e8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > オレンジの詰め合わせ

Home > Music > オレンジの詰め合わせ

オレンジの詰め合わせ

アンチ オレンジレンジまとめサイトを見つけた。彼らの“パクり疑惑”を検証しているサイトだ。

私も『ロコローション』を聞いてぶったまげたクチだが、この情報量はすごい。中には言いがかりっぽいのもあるが、なるほどと腑に落ちるものも多数あって、どちらかといえばアンチの部類に入るだろう私にとっては、大変楽しい内容になっている。

いやしかし、笑ってばかりいてはいけない問題なのかもしれない。おじさんには「あ、これ、シャンプーじゃん」ってすぐわかるんだけど、リスナーはローティーンが中心だろうから、元ネタを知らないんだよね。

ひとつはバンドの考え方に問題がある。彼らがよく聞いているらしい、レッチリとかドラゴンアッシュがやったのは、いわゆるミクスチャーという手法で、ロックとヒップホップなど違うジャンルの音楽を混ぜてみる試みだ。他人の作ったこの曲とこの曲を繋げてみようというのとは違う。って書いていて馬鹿らしくなるような分かり切ったことなんだけど。

他人の作った曲を混ぜてみるというのもひとつのテクニックだということも出来るだろうが、この場合、元ネタを明らかにして相応の礼儀を尽くさなければならないはずだ。プロなんだから。

アンチの人々がよく引用するインタビュー記事がある。2003年に発表されたオレンジレンジ - bounce.com インタビューだ。これまたぶったまげる内容なのだが、訂正されることもなく1年以上もこうしてウェブで読めるということは、本人たちの発言に間違いないということなのだろう。

オレたちの中の合言葉は〈パクろうぜ!〉です(笑)。まずはカヴァーするんですよ。で、ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)
って本当に書いてあるんだよ。ぶっちゃけ過ぎだろう。聞けば彼らもハタチソコソコらしいじゃないか。少年Aではすまない歳だが、まだ若い。更正のチャンスはあると思う。

もうひとつの問題は、そんな彼らを取り巻く大人たちのどす黒さだ。売れてしまえばこっちのもの。勝てば官軍。おじさんたち、ましてや音楽業界に携わる人間がわからないわけはないのだ。大人として、若者の過ちを正すどころか、彼らを踊らせてしこたま儲けようという態度は、情けないとしかいいようがない。

あまり怒らないようにしようと思ったんだけど十分怒ってるね…。最後に、まとめサイトにある原曲とオレンジレンジの詰め合わせ(mp3)をぜひご賞味いただきたい。お腹いっぱいになること間違いなし!

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/300-344915e8
Listed below are links to weblogs that reference
オレンジの詰め合わせ from ちどりのあしあと

Home > Music > オレンジの詰め合わせ

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。