ちどりのあしあと - ■咲かない花もある

Home > スポンサー広告 > ■咲かない花もある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/2-52273e94
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > ■咲かない花もある

Home > Plants > ■咲かない花もある

■咲かない花もある

040617_kikyo.jpg

キキョウソウ(桔梗草)
キキョウ科キキョウソウ属 Specularia perfoliata
別名 ダンダンキキョウ 英名 common venus'looking glass



わが家のワイルドガーデンに見慣れない植物が生えてきた。そのうち花が咲いたものの、なんの花だかさっぱりわからない。家族の誰かが種をまいた様子もない。

調べたらキキョウソウというキキョウ科の一年草だとわかった。言われてみれば桔梗の花に似ているかな。なんと北米原産の帰化植物で、明治期に園芸植物として持ち込まれたものが野生化し、近年増加の傾向にあるそうだ。でもこの花ならセイタカアワダチソウなんかと違って可愛いから良いか。今ちょうど咲いているアヤメ科のニワゼキショウも帰化植物だけれど、可愛いから許す、という類の花。まったく、ゲンキンなものだ。

調べてみるといろんなことがわかるもので、このキキョウソウ、花の咲き方が面白い。ヒョロリと30センチほど伸びた茎にたくさん蕾を付け、下から上に咲いていくわけだが、下の方は花が開かない。蕾のまま自家受粉して種を作るのだそうだ。確実に種を残す工夫らしい。これをその筋では「閉鎖花」というそうだ。対して、上の方の蕾は写真のような5弁の花を咲かせ、虫などを介して受粉する。

閉鎖花の画像

下の方の花が開かないというのは一見合理的な気がする。他の草が茂っていたら埋もれてしまって虫に気づいてもらえないかもしれないから。しかし、閉鎖花で種が作れるのなら、上の方にだって花を咲かせなくても良いのではないだらうか。案外、植物って実利一辺倒に見えて、遊び心のある奴らなのかもしれない。そんなわけでキキョウソウは、今日もきれいな花を咲かせて私たちの目を楽しませてくれている。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/2-52273e94
Listed below are links to weblogs that reference
■咲かない花もある from ちどりのあしあと

Home > Plants > ■咲かない花もある

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。