ちどりのあしあと - ■ブログ・サービスにおける著作権

Home > スポンサー広告 > ■ブログ・サービスにおける著作権

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/178-981c91c5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと
Trackback from 花ずきんの小部屋 on Blog 2004-11-16 (火) 05:00

利用規約のきちんとした修正を

クリスマス会、そうとう凄いよ!<脳内では… (more…)

Trackback from 【livedoor blog規約変更反対】予定は未定であって決定ではない 2004-11-16 (火) 23:09

livedoor blog規約変更関連

クリスマス会、そうとう凄いよ!<脳内では… (more…)

Trackback from 花ずきんの小部屋 on Blog 2004-11-17 (水) 03:46

ライブドア、規約を補足内容を元に改正

クリスマス会、そうとう凄いよ!<脳内では… (more…)

Home > スポンサー広告 > ■ブログ・サービスにおける著作権

Home > PC-life > ■ブログ・サービスにおける著作権

■ブログ・サービスにおける著作権

livedoor Blog利用規約の著作権に関する部分が変更され、ユーザーを激怒させている。あ、俺も当事者だわ。いや、怒ってます、怒ってますけど、以前から著作権はlivedoorに握られていたのだ。人知れず、コッソリと。そのこともあって引っ越しを考えていたのだが、次第に荷物が増えて面倒臭くなり今に至るわけです。とほほ。

長くなりますが、以前から考えていたことを、ここいらで吐きだしておきますです。


まずは経緯の説明。今回問題になったのは“利用規約第8条 (ウェブログの公開について)”で、11月12日に突然、livedoor Blog 開発日誌にて告知された。こういう重要な問題をコッソリやるからlivedoorはひんしゅくを買うんだよ。

(変更前)
本サービスにて作成されている全てのウェブログについて、当サイトの宣伝を目的として利用者への通知なしに自由に利用することができるものとします。

(変更後)
本サービスにて作成されている全てのコメントおよびトラックバックを含むウェブログについて、弊社は、利用者への通知なしに無償で利用することができるものとし、利用者は、弊社及び弊社の指定する者に対し、著作権等(著作者人格権の行使も含む)を行使しないものとします。

この告知を見て怒ったユーザーがブログでさまざまな抗議を始める。当然見切りをつけて閉鎖するブログも出てきて、livedoorは、ほりえもんのブログ:11/13(土)のコメント件のlivedoor Blog 開発日誌において、言い訳を展開。
blogの規約第8条はライブドアに著作権が帰属するという意味ではありません。
あくまでも著作権はそのblogの作者に帰属します。
ライブドアは主に当サイトの宣伝を目的に利用する場合を想定して、当事者へ無償で利用することをこの規約で確認しておりますが、宣伝かどうかの定義をすることが困難な場合も考えられる為にこのような大きな括りの定義としました。
つまり著作権はblogの作者にありますが、ライブドアとライブドアが指定するものに対してのみ無償で利用することができることを定義したものです。
Posted by takapon_jp at 2004年11月15日 00:08

そうはいいつつも規約の再変更は無し。現在に至る。

利用規約を変更した理由はよくわからないが、ユーザーのコンテンツを利用するなにがしかの方法をlivedoorが準備していて、そのための言い訳を整備しようとしているのは目に見えている。ユーザーは突然“著作権等(この言い方も曖昧でずるいと思う)”を行使しないようにいわれて戸惑っているようだが、実は同じような規定が今までもあったのだ!

「livedoorIDサービス」利用規約という、誰も見ないようなところにコッソリとしこんであるのだ。いや、本来は、ブログを開設する際に誰もが取得するIDに関する規定だから、目を通していなければいけないものではあるのだが。

その18条。最後の一文にこう記されている。
又、「livedoorIDユーザ」は、ライブドア及びライブドアが指定する者に対し、自らアップロードしたウェブ・コンテンツについての著作権を行使しないことに同意します。

この規定は、今回の“8条問題”が起きる前から厳然と存在したわけだ。8条が例え撤回されても、この規定がある限り、ユーザーは「著作権を行使」できないことになる。

それにしても、自分の持っている著作権を行使できないってのはどういうことなのか。著作権がlivedoorに移動することと実質的には何ら変わりない。著作者人格権も行使できないとなっては、いざ事が起こってもユーザーは手も足も出ない。それを「あくまでも著作権はそのblogの作者に帰属します」から安心しろというのは詭弁だ。

ライブドア不動産から土地を一区画借りて家を建てた。ある時不動産屋がやってきて言った。家はあくまでもあなたのものですけれども、私どもが認めましたこちらの方に部屋を提供していただきます。規定にありますように、あなたに拒否する権利はございません。不動産屋が連れてきた人物は、部屋を自分の好みに合わせてリフォームした。趣味に合わないので文句を言いたかったが、これも規約にダメだと書いてある。

livedoorに限らず、各ブログサービスには必ず利用規約が存在するわけだが、この著作権を巡る規定は対応が様々で、自分の書いたブログなんだから著作権は当然自分にあると思うのは甘かったりするので、勝手に使われたくない人は十分に考慮した上でブログサービスを利用した方がよいだろう。

大変参考になるサイト、すりきれ。(仮) | Blogホスティングサービスでの著作権・著作者人格権条項にぜひ目を通していただきたい。

「サービス提供会社に対して著作者人格権を行使できない」「サービス提供会社に著作権が帰属(移動)する」なんていう規定を設けているところが意外に多いのに驚くが、これが実情なのだ。

旅空日記のようにさっさと自サーバーに移動する。利用規約という訳のわからんあれやこれやに縛られないためにはこの方法が一番よいのだろうなあ。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:3

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/178-981c91c5
Listed below are links to weblogs that reference
■ブログ・サービスにおける著作権 from ちどりのあしあと
Trackback from 花ずきんの小部屋 on Blog 2004-11-16 (火) 05:00

利用規約のきちんとした修正を

クリスマス会、そうとう凄いよ!<脳内では… (more…)

Trackback from 【livedoor blog規約変更反対】予定は未定であって決定ではない 2004-11-16 (火) 23:09

livedoor blog規約変更関連

クリスマス会、そうとう凄いよ!<脳内では… (more…)

Trackback from 花ずきんの小部屋 on Blog 2004-11-17 (水) 03:46

ライブドア、規約を補足内容を元に改正

クリスマス会、そうとう凄いよ!<脳内では… (more…)

Home > PC-life > ■ブログ・サービスにおける著作権

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。