ちどりのあしあと - ■美浜事故3号機事故について その2

Home > スポンサー広告 > ■美浜事故3号機事故について その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/111-64451f02
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ちどりのあしあと

Home > スポンサー広告 > ■美浜事故3号機事故について その2

Home > Misc > ■美浜事故3号機事故について その2

■美浜事故3号機事故について その2

事故を起こした美浜原発の原子炉は三菱重工製だった。今回の事故が“三菱的”だったのは、偶然ではないのかもしれない。

電力会社は日頃、原発の安全が最優先だというようなことを言うが、今回の事故の詳細が明らかになるにつれ、最優先事項は他にあったと考えざるを得ない。つまり、電力会社が本当に安全運転を一番に考えていたなら、防げた事故だったのだ。

原子力発電はウランという核爆弾の材料にもなる危険性の高い物質を燃料にしている。事故が起きたりテロの標的になって、放射能が原子炉から外へ出てしまう可能性もある。チェルノブイリ原発事故のような放射能災害が起こる可能性はゼロではないのだ。

だからこそ原子力発電をおこなうにあたっては、安全が最優先されるべきだと、原発を推進してきた人も反対してきた人も思ってきた。ところが今回の事故ではこの大前提が守られていない。しかもこれは、美浜原発に限ったことではなさそうだ。

アメリカのサリー原発で同じ事故が起きていたのにそれを無視して検査をしなかった、と報じられている。それはただ怠けていたのではなく、原発を止めたくないという意志があるからだ。ここには「稼働率」という考え方が大きく関わっている。
稼働率というのは電力業界に限らず、そのシステムの優劣を測る基準だ。稼働率が高い方が良い評価をされるのは言うまでもない。

電力会社は原発という特別な分野を扱う責任を担っているのだが、この責任を軽んじた。経済的負担をなるべく軽くし、社会的批判を避けるために、稼働率を上げることを優先させてしまったのだ。

おそらく彼らの考えはこうだ。検証のためにはまず原発を止めなくてはならない。年に一回の定期検査が義務付けられているからできればその時にまとめてやりたい。しかしこれとてなるべく短く済ませたい。稼働率を下げたくないからだ。だから準備は大量の人員を投入して運転中に済ませておく。検査項目を見直し簡素化することも有効だろう。運悪く何らかの不具合が見つかってしまったら、修理しなくてはならない。また稼働率が下がってしまう。多少の危険性には目をつぶって、時には不具合を隠蔽するのもやむを得ないだろう。

その結果が今回の事故だ。4人も亡くなった。メルトダウンはかろうじて免れた。原子力業界が本当に安全を最優先にしているというのなら、今こそ全国の原子炉をすべて停止して検査すべきではないのか。関西電力はやらなくても、うちの会社の原発は検査しますと手を挙げたらいい。

そんなことをしたら電気が足りなくなると言う人がいる。原発反対の人間は無茶を言いやがると。夏は電力使用量が一番多い時期だから、そう言うのもわからなくはない。しかし、無茶なのは電力会社なのだ。

本当に原発を止めて電気が足りなくなるとしよう(本当は足りると思うけれど、それは置いておいて…)それは原発全体に関わる万が一の事態が起きることをまったく想定しないで、電力全体における原発の比率を引き上げることに腐心してきた電力会社の落ち度なのだ。電力供給業者は重要なインフラである電力を供給する社会的責務がある。にもかかわらず、万が一に備えた危機管理ができないということなのだ。それは昨年、東京電力で起こった問題でも露呈したことなのだが、東電は古い発電所を慌てて動かし、ひたすら節電を呼びかけるということしかできなかったのだ。

ここではあえて国の関わり方には触れなかったが、電力会社がよく言うのは、国策だから原発をやっている、ということだ。もういい加減、事故再発を防ぐ、というような小手先の対策は止めて、原発への依存を改めるべきではないか。本当は、原発なんかとっととやめちまえと言いたいところだが、また乱暴だと言われるので(誰にだよ!)、少しトーンダウンしてみました。でも、原発への過度の依存がなくなれば、脱原発への道は開けると思う。それは、電力会社にとっても決して悪い話ではないと思うのだ。

関西電力の逃げ口上>美浜の会

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://chidori.blog2.fc2.com/tb.php/111-64451f02
Listed below are links to weblogs that reference
■美浜事故3号機事故について その2 from ちどりのあしあと

Home > Misc > ■美浜事故3号機事故について その2

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。