ちどりのあしあと - 2015年02月

Home > 2015年02月

2015年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

0.5ミリ、100円

昨日の戦利品。映画パンフレット2種。両方ともサイズがA5判と小さいけど、帰りの電車でも読める大きさなのは嬉しいですね。

黄金町のシネマ・ジャック&ベティは木曜日がメンズデー!昨日は暇もあったし観たい映画がちょうどいい時間に掛かっていたので行ってきました!安藤サクラ主演作2本です。

『0.5ミリ』は、父がプロデューサー、母がフード・コーディネーター、姉が監督、妹が主演で、妹の義父母まで出演している…っていうのは、ただのトリビアのようでいて、この作品に関しては結構重要だったのではないでしょうか。 上映時間がさりげなく3時間を超えているなんてのもそのひとつだけど、それはマイナスではなくて、監督の思いの丈が溢れ出てくる感じ。まったく退屈はしませんでした。重みと軽みのバランスが絶妙で、これは役者陣のうまさもあると思うけど、鑑賞後にいろんな感情の粒が胸に残るいい映画でした。

『百円の恋』は、脚本が「松田優作賞」第1回グランプリ受賞!ってのがウリで、『0.5ミリ』よりエンターテイメント性が高い作品でした。

タイトルの通りラブストーリーではあるんだけど、ひとことで言うなら、超かっこいいボクシング映画なんですよ。予告編見て痺れたんだけど、これは騙しなし。クライマックスへ向けてもうアドレナリンが出まくりです。

それまでダメダメだった主人公がボクシングを始めて覚醒して、プロテスト受けたい、試合に出たいとのめり込んでいく様を、練習シーンを通じて見せるわけだけど、まあこれがかっこいいわけですよ。安藤サクラは中学生の時ジムに通った経験があるそうで、ベテランボクサー役の新井浩文より上手く見えちゃうんだ。これが。

パンフレット読んで驚いたのは、この映画が順撮りじゃなかったということ。だらけていた身体を鍛えたらこんなにシャープに!って順番で撮ってないんですって。

ネタバレにはならないようにぼかすけど、映画冒頭で妹の息子と部屋でゲームやってる弛みきったシーンがあって、後半にも同じ部屋でその子と絡むシーン、これはボクシングをガッツリやってシャープになった時期なんだけど、撮影が同じ日だったんだって!これはちょっと信じられないですよ。安藤サクラすごい!

というわけなんだけど、やはり特筆すべきは安藤サクラの素晴らしさだった。『0.5ミリ』で見せる老人に向ける慈愛の表情の美しさと、『百円の恋』で見せるリングに向かう鬼気迫る表情の力強さ。これが同じ人だっていうんだから。

どちらもいい映画で大変幸せな木曜日でした。ありがとうジャック&ベティ!ありがとうメンズデー!

Negiccoの物語に涙する、の巻

Perfumeは2000年に広島のローカルアイドルとして結成されました。新潟のローカルアイドル・Negiccoの結成は2003年。どちらも10年以上の活動歴を持っています。初期には同じステージに上がることもあったようですが、Perfumeブレイク以降はそのようなこともなく時は流れ…。

やっぱアイドルだなー!とか言い始める前からPerfumeは好きだったし、彼女たちの物語への共感がありました。そして、いろんなアイドルを追いかけるようになってからは、Negiccoにも同じような気持ちを抱いています。

Negiccoはしぶといファイターです。幾度となくダウンを奪われても立ち上がってファイティングポーズをとり続けてきました。ステージは、ほんわかした楽しい空気に包まれていて、そんな様子は微塵も感じさせないのだけれど、ファンならずとも、多少のアイドル好きなら彼女たちの苦労をみんな知っています。

だから、田島貴男の作った『サンシャイン日本海』リリースの時、珍しく彼女たちが「オリコントップ10に入りたい」と公言したのを、みんなが一生懸命盛り上げて応援しました。しかし、このときの結果は11位。今度こそとリリースした『光のシュプール』で見事5位に輝いたのでした。

11位で涙を呑んだものの、勢いがついて次こそは!との想いの中リリースされたのが、Negiccoを初期から楽曲面で支えてきたconnieさんの曲で、アレンジは、前作での関わりから坂道を転がり落ちるようにNegiccoに嵌まり、以来熱狂的ネギオタと化した田島貴男だったというのも、なんとも泣かせる話で、これが昨年末のことでした。

2011年にタワーレコードのアイドルレーベルに加入したあたりからその傾向はあったと思うけれど、彼女たちはもう既にローカルアイドルの枠を飛び越えていて、2015年に入ってからの勢いが、なんだか爆発的に大きくなっていることに驚かされます。

AKBグループが新潟に作るというNGTなんちゃらの話がNegiccoのプロモーションに繋がっているというのも、彼女たちと彼女たちの物語に共感している人がいかに多いかということの表れでしょう。

そんな中でのNHK『MUSIC JAPAN』出演。MCがPerfumeだったこともあって、とても感動的な収録になった模様です。放送日は2月22日に決まったそうです。私のような中途半端なファンも含めて、Don't miss it. ですね。

▼MUSIC JAPAN 観覧記
【MJ観覧より】 NegiccoとPerfumeが泣いた夜|Perfumeとグルメの日記

▼Negiccoの歴史を本人らが語る
Megu インタビュー
Negicco 2003~2012(第1回) - TOWER RECORDS ONLINE
Negicco 2003?2012(第2回) - TOWER RECORDS ONLINE
Kaede インタビュー
Negicco 2003?2012(第3回) - TOWER RECORDS ONLINE
Negicco 2003?2012(第4回) - TOWER RECORDS ONLINE
Nao☆ インタビュー
Negicco 2003?2012(第5回) - TOWER RECORDS ONLINE
Negicco 2003?2012(第6回) - TOWER RECORDS ONLINE
Negicco インタビュー
Negicco 2003?2012(第7回) - TOWER RECORDS ONLINE

熊倉マネージャー インタビュー
Ustream.tv: 梶原放送局 新潟発アイドルNegicco 熊倉マネージャー登場, Recorded on 2014/07/16

Home > 2015年02月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。