ちどりのあしあと - 2010年09月

Home > 2010年09月

2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

9月25日(土)は鎌倉でフォトウォーク


より大きな地図で 2010/09/25 鎌倉フォトウォーク を表示

隔月で開催しているテクパチ・フォトウォーク。9月は私の地元、鎌倉で開催することになりました。

午前中は鎌倉駅周辺の鶴岡八幡宮とか英勝寺、寿福寺を回るコース。昼食後は、小町大路を歩いて材木座海岸に出るコース。これでもか!と言わんばかりの鎌倉満喫コースです。

私、地元とか言ってはいますが、駅周辺はともかく、実は、若宮大路の東側、小町大路あたりは歩いたことがありませんので楽しみです。

あと、昼食場所に決めている「あさくさ食堂」。ここも前から気になっていたのですが入ったことがありません。ですので、フォトウォーク参加者を道連れにしてしまおうというわけです。お店の佇まいにとても惹かれていたんですが、ウェブでの評判を見るとさらに興味津々。こちらも楽しみです。

開催まであと1週間というところで、参加予定者は9人。参加希望の方はテクパチのブログにあるフォームから申し込んでください。お待ちしています。

【タイムテーブル】
10:00 鎌倉駅東口改札集合
10:00-12:00 午前の部(鎌倉駅から鶴岡八幡宮や寿福寺などを巡り鎌倉駅に戻るコース)
12:30 昼食 あさくさ食堂
14:00-17:00 午後の部(鎌倉駅から小町大路を歩いて材木座海岸に至るコース)
17:30 バスで鎌倉駅へ
18:00 打ち上げ 場所未定

[お知らせ] 詳報!9月25日(土)は鎌倉フォトウォーク!
http://photowalkjapan.blog40.fc2.com/blog-entry-84.html

日本で一番暑かった夏

強い陽射し #shoot1230

今年は、気象庁が日本の平均気温を記録し始めた1898年以来一番暑かった夏らしい。一昨日雨が降ってやっと涼しくなったけど、確かに暑かった。

1898年というのは113年前で、元号でいうと明治31年。蒸気機関車はもう走っていたけれど、自動車の量産はまだ先、飛行機なんか発明されてもいなかった時代。まさに前世紀。いや、前々世紀か。つまり、20世紀には全く経験したことのない暑さだったということ。

そこでふと疑問に思うのは、じゃあ気象庁が観測し始める前の日本は暑かったのかどうかってことだ。

日本の気候を云々するためには、日本列島がいつできたを知っておかなきゃならない。地殻変動やら海水面の上昇やらで大陸から離れて島になったのが、1万3000年前から1万2000年前。この頃は氷河期の終わりで気温は低かったらしい。

島国となってからの日本の気候は次第に温暖化し、6000年前頃になると現在より1度以上高くなったといわれている。

この頃は縄文時代前期とされている時期で、海面上昇によって沿岸の漁場は豊かになり、植生の変化によってクリやコナラなどの木の実や山菜類も豊富に手に入るようになった。人は定住して集落を作り、この時期に日本の人口は大々的に増加したらしい。

4500年前の縄文時代後期になると気温はまた低くなっていき、食料が減り、人口も少なくなって、疫病がはやったりしたらしい。

このように日本の気候は温暖化と寒冷化を繰り返しているわけで、今年と同じくらいの暑い夏を経験した日本人(というか、日本列島に住んでいた人)は、縄文時代前期まで遡らないといない可能性がある。

今年の夏の平均気温は、8月に限れば例年より2度以上上回ったというから、縄文時代前期が「1度以上」の上昇だと考えると、ひょっとしたら、日本列島ができて以来もっとも暑い夏だった可能性もあるんじゃないかな。

にわか勉強の結果、そんなことを考える晩夏の朝、なのでした。いやん晩夏、あははーん♪(by 初代木久蔵)

線路と家守

Photowalk Tokyo 20100724

久しぶりにZooomrで「お気に入り」を10個もらったこの写真は、7月にテクパチ・フォトウォークで向島に行ったときのもの。アップロードしたのは撮影から一ヶ月後で、なんでそんなに経ってからなのかというと、まあ、面倒くさいから。

というのも、最近いわゆる「メインカメラ」として使っているのが、30年前のフィルムカメラ、Nikon FE2だからなのです。

最近のデジタルカメラだと、写真を撮った時に撮影時間や撮影機材に関するデータが埋め込まれて、ウェブにアップロードした後もどんな条件で撮影したかがわかるようになっている。ジオタグという座標を使ったデータを埋め込んで撮影場所がわかるようにもできる。

ところが、まあ当然というか、フィルムカメラで撮影してもこのようなデータは一切残らない。

別にそんなものなくても写真は見られるんだけど、フォトウォークでは撮影時間とか撮影場所がけっこう重要だと思うので、あたしはこのデータを自分で埋め込んでる。これが面倒くさくて写真をアップするのが遅くなるというわけだ。

Tiny Gecko

もひとつ「お気に入り」を10個もらった写真は、窓ガラスにいた子ヤモリを撮ったもので、これはFE2じゃなくてケータイで撮った写真。

私がいま使ってるケータイはシャープの932SH。ちょっと古い型だけど、これについてるカメラには800万画素の撮影素子が使われていて、これはもうデジカメとしてもちょっとしたもんなのだ。最近のケータイについているカメラは、このような「高画素化」が進んでいて、1300万画素なんてのまで出てきてる。

元々が電話なのでカメラとしては使いにくい部分も多々あるのだけれど、接写機能を使った写真などは、そこいらのコンパクトデジカメと比べても遜色ないレベルだと思う。

これまで、「メインカメラ」に対して、いわゆる「サブカメラ」の役割を果たしてきたのは、コンパクトデジカメ(コンデジ)と呼ばれる小型のデジタルカメラで、私もリコーのR8というのを使ってるけど、ケータイのカメラがこれだけ充実してくると、コンデジの出番が減るだろうなあ。実際R8は最近もっぱら娘が使ってる。

ケータイのカメラの優れているもう一つの点は、はじめから通信機能がついているので、私のようにZooomrとかFlickrとかTwitterとか、ウェブに写真を載せたいときには、撮ってすぐ送れるというところだろう。コンデジだといったんコンピュータに取り込まなくちゃいけなかった。

そんな訳なので、気合いの入った写真を撮りたいときはFE2、メモのように気楽な写真を撮りたいときはケータイ、という使い分けになっているのが最近の私のカメラ事情なのでした。

Home > 2010年09月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。