ちどりのあしあと - 2009年03月

Home > 2009年03月

2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

20090228 Yamato Photowalk

20090228 Yamato Photowalk
Nikon FE2 with Ai Nikkor 35mm F1.4S

先月の終わりに、ムハマドさん(生粋の日本人です)が地元で開いたフォトウォークに参加しました。相鉄線の相模大塚駅から大和駅まで、県央らしいのどかな雰囲気の中を、10人ちょっとでのんびりと歩きながら写真を撮りました。自分が主催者ではないフォトウォークに参加するのは初めてで、自分で企画しているときも楽しいんですが、いやー、正直なところ人任せってこんなに楽なのかと思いました!テクパチフォトウォークの常連さんに「いつもより楽しそう」って言われちゃいました。

今日の写真は、そのフォトウォークで立ち寄った大和市の郷土民家園で撮ったものです。園内には江戸時代の民家が保存されていて、季節柄、雛人形が飾られていました。河津桜もちょうど見頃できれいでした。

今まで私は、写真といえばデジタルコンパクトカメラ一辺倒だったのですが、最近フィルムの一眼レフカメラでも撮っています。ちょっと前に東京タワーの写真を載せましたね。持ち歩くカメラは軽くなくてはダメ!と思っていたのですが、フィルムで撮った写真の雰囲気がとても良いので頑張って持ち歩いているのです。

カメラはNikonのFE2。1983年から5年ほど作られたカメラです。中学生の頃Nikon F2を持っていた友人がいて、一眼レフが欲しいなあと思っていた時期がありましたが、結局その後デジカメが普及するまでカメラを趣味にすることはなかったわけです。コンデジで夢中になって写真を撮り始めてからしばらくして、たまたま中古を譲ってもらう機会があって、20数年前の最新式カメラを手にすることになりました。

いつもカメラにつけているのは Ai Zoom Nikkor 28-85mm F3.5-4.5S という、やや広角から中距離をカバーするズームレンズ一本だけなのですが、この日は友人の計らいで Ai Nikkor 35mm F1.4S という単焦点レンズを貸してもらって撮りました。

とてもいいレンズでした。床の木目のきりっとした感じと障子のぼわっとしたボケ具合が絶妙です。自画自賛。

今どきフィルムカメラにはまるなんて。現像代だけでもお金がかかるのに「このレンズがどうのこうの」なんて言い出すと大変なことになるので、ほどほどに楽しもうと自らを戒めるのでありました。



Home > 2009年03月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。