ちどりのあしあと - 2006年06月

Home > 2006年06月

2006年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

コジュケイ

Hatch!

コジュケイの雛が孵りました。

コジュケイはもともと中国原産で、大正時代に狩猟鳥として放されたものが野生化した鳥ではありますが、日本の野鳥の範疇に含まれるようで、本当は飼育してはいけないようです。まずは、ことの経緯から話さなくてはなりませんね。

ちょっと前のこと、雑草がのび放題のわが庭に、どうしたことかコジュケイが卵を産みました。母親らしき鳥が1羽、じっとうずくまって卵を暖めておりました。卵を暖めているコジュケイは、人が近づいても逃げずに息を潜めて危機をやり過ごそうとします。草むらの中のコジュケイは実に見事な保護色なので、余程目をこらさないと見つけられません

それから何日か後、突然親鳥が卵を残して姿を消してしまいました。どうやら近所の猫に殺されたか痛い目にあったらしく、巣のまわりに羽毛が散乱していました。親鳥がいなくなって2日ほど経ったところで、迷いましたが人工孵化させることを決め、猫用の電気座布団を利用した即席の孵卵器をこしらえて、8個の卵を全部移しました。

それから2日後が今日です。

昼過ぎに孵卵器を覗いたら1羽が孵っていてびっくりしたのも束の間、その後も次々と殻を破って雛は孵り、午後8時現在7羽が孵化。元気にぴーちくぱーちく鳴いております。

最終的には野に帰したいと思っています。しかしそのためにどうしたらいいのか、実はまだよくわかってはいないのです。市に申し出た方がよいのか、考えたいと思います。

[Translate this page]
Tags: , , ,

Home > 2006年06月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。