ちどりのあしあと - 2005年12月

Home > 2005年12月

2005年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

万歩計は語る / December 19-25

  • I walked 6361 steps on December 19
  • I walked 12806 steps on December 20
  • I walked 6014 steps on December 21
  • I walked 4217 steps on December 22
  • I walked 19200 steps on December 23
  • I walked 13792 steps on December 24
  • I walked 8287 steps on December 25

10000歩を超えた日が3日もあります。大変優秀です。20日はWeezerのライブで弾け、23日は台峯を散策、24日は大規模小売店舗内をうろうろしておりました。

歩数の記録を一週間毎にまとめて投稿してみることにしました。

[Translate this page]
Tags:

NUAGES D'HIER / 美式天然

BankART 1929 Yokohamaで開かれた『美式天然』のトリノ映画祭グランプリ受賞記念上映会に行きました。この映画についてはちどりのあしあと#388に書きましたが、ついに観られました。

会場は古い銀行の建物を使ったホール。上映会には、私のような関係者ではない人たちも来て、席を追加するほどの盛況ぶりでした。初めに挨拶をした坪川監督も「関係者しか来ないと思ったけれど…タダだから?」とジョークを飛ばすほど。

映画は静かにゆったりとしたテンポで綴られているので、実のところ私の脳からはα波がビンビンに出まくって厄介でした。しかし、吉田日出子、真那胡敬二、内田紳一郎、片岡正二郎、喜多敏之といった、自由劇場の懐かしい顔ぶれを拝見できて嬉しゅうございました。これからご覧になる人はまずあらすじをお読みになることをお勧めいたしますです。

Bankart 1929 yokohama

映画は無料でしたが、そのあとに開かれたパーティーには2000円払いました。飲み放題、食べ放題で、テーブルには焼きそばパンや駄菓子が並んでいました。

スクリーンにはメイキング・シーンが映され、トリノ映画祭授賞式の様子は坪川監督の楽しい解説付きでした。監督はくものすカルテットのメンバーとしても登場。弁士に楽士にと大忙しでした。

くものすカルテットはクロノス・カルテットのような弦楽四重奏ではありません。バイオリンの他、アコーディオン、トロンボーンなどでノスタルジックな音楽を奏でます。もちろん『美しき天然』も。片岡正二郎さんの肩の力の抜けたMCと歌がとても良かったです。

最後になりましたがこれは書いておかなければなりません。私の友達の友達であり、『美式天然』の主演女優である高橋喜久代さんとお話しすることができました。女優さんに失礼かもしれませんが、スクリーンで見るよりキレイだった!このサイトを覗いてくれるかもしれないからといってゴマを擂っているわけではありませんよ。

[Translate this page]

Tags:

Weezer japan tour 2005

I walked 12806 steps yesterday.
Weezer

Weezerのコンサートに行ってきました!

おとなしく観賞しようと考えていたのですが、予期せずメインフロアの中央に迷い込んでしまって、結局汗だくになってしまいました。

しかし、そこにいたおかげで、アンコールにRiversが仮設ステージで歌った「Island in the sun」をすぐ近くで見ることができました。




[Translate this page]



以下はブロークン・ジャパニーズでいきます。

処は新木場STUDIO COAST。開演予定時間ギリギリに入場したのでフロアはほぼ満員。メインフロアの右後方にいたところ「左側が空いています」のアナウンス。えいえいっと人をかき分けて左側にいこうとするも、中央のPAブース前に障害物があってそこから先に進めず、どうしたものか思案しているうちに開演。見回せば血気盛んな若者たちのただ中ではありませんか!ヤバイ!案の定、曲が始まるとポップコーンのように飛び跳ねる若者たち。おじさんは撤退を試みるが失敗。辛うじておとなしそうな一団に身を寄せる。

初めて見る生Riversは小さくてヒョコヒョコ動く。メガネこそかけていないもののヨワーイ容姿は健在だ。そして誰に教わったのか「チョームカツク!」「コイケヤポテトチーップス!」などの脱力日本語MC。微笑ましい。しかし!そんな彼のかき鳴らすGibson SG!こいつは掛け値なくカッコイイ!

あくまでも大人を装っていた私だったが、ついに「El Scorcho」でスイッチが入り大声で合唱する有様。結局汗だくだ。

更にアンコールでは、PAブース前の障害物、だと思っていたのが実はステージで、そこにRiversがアコギを持って登場!目の前で「Island in the sun」を歌われちゃあもうたまりません。

更に更に、Riversがドラムを叩き、ドラムのPatrickがギターを弾いて、演奏したのがBlurの曲!これにもやられたなあ。

なんでも、このツアーのライブ映像を収録してDVD化するらしいので、ひょっとしたら坊主頭の呆けたオヤジ面が写ってるかもしれないね。ああ楽しかった!


Tags:

Happy Icecream world tour 2005

Drums and bass

横浜で活動している子供会のクリスマスイベントに呼ばれて、30分ほどのライブコンサートをしました。演奏したのはカバー曲がほとんどで、しかも古い曲が多い!何しろバンド結成から20年以上経っていますからしかたがないのかもしれません。

調子に乗って、10年以上前に作ったカセットテープを、蔵から引っ張り出してきて販売しましたが、最近はプレーヤーを持ってないという人もいるんですよね。

[Translate this page]



[Set list]
2005.12.18 @ Shinyokohama

1.Tighten Up ( Yellow Magic Orchestra )
2.Fisticuffs In Frederick Street ( The Toy Dolls )
3.Drown In My Own Tears ( The Smithereens )
4.Sabre Dance ( Khachaturian )
5.Midnight Highway ( Original )
6.日曜日よりの使者 ( The High-lows )
7.ここ掘れホレホレ ( The Dynamite Bapp )
8.Tighten Up ( Yellow Magic Orchestra )

Tags: , , ,

Men's day

I walked 5565 steps yesterday.
I walked 2386 steps the day before yesterday.
Movie theater

日本のほとんどの映画館は、観客を増やすために、一週間に一回女性の料金を割引きます。その日は「Women's day」と呼ばれます。

ところが「Men's day」を設けている映画館はとても少ないのです。映画館の経営者にとって男性客は魅力がないのでしょう。悲しいことです。

そこで「Men's day」を設けている数少ない映画館のリストを作りました。うちの近所だけですが。奇特な映画館を応援しましょう!

【神奈川県】
小田原コロナシネマワールド 月曜男性1000円 午前中初回1000円 [ * ]
MOVIX本牧 火曜男性1000円 [ * ]
藤沢オデヲン 水曜男性1000円 [ * ] [ * ]
厚木テアトルシネパーク 水曜1000円 [ * ]
MOVIX橋本 木曜男性1000円 [ * ]

[ * ]はMovieWalkerへのリンク。

【東京都】
(後日記入します)

[Translate this page]
Tags:

The next station is...

I walked 6223 steps yesterday.
I walked 8185 steps the day before yesterday.

私はかねてから、湘南新宿ラインの車内で流れる女性の声のアナウンスが気になってしかたがないのです。

例えば新宿駅に近づいたとき、はじめに日本語で「次は新宿です」と言った後、英語で「The next station is SHINJUKU」と繰り返しますが、このときの駅名の発音が英語訛りになっているのです。日本語では「しんじゅく」の「ん」にアクセントがありますが、この英語のアナウンスでは「shinjuku」と「ju」にアクセントが置かれています。

参考リンク:鉄道サウンドライブラリー

なぜこうするのでしょうか。英語を話す人たちにわかりやすいようにという配慮なのでしょうか。しかし、日本人でこんな発音をする人はいません。日本人が「次の駅はしんじゅくです」なんて言ったら、ふざけていると思われるでしょう。

先日のTBSラジオストリームでは、JR東日本をはじめ数多くの車内アナウンスを担当しているクリステル・チアリ嬢が出演し、この「英語訛りの駅名アナウンス」を話題にしていました。

駅名を「英語訛り」で言うかどうかは、電車会社によって違うそうで、もしどちらが良いかと訊かれたら「英語訛りではない」駅名アナウンスを勧めると彼女は言っていました。理由は、日本で使われている発音を覚えて欲しいからだそうです。正論だと思います。

チアリ嬢はトライリンガルですし、番組のメインパーソナリティである小西克哉氏も同時通訳者ですから、彼らの意見が英語を解さない私と同じであることを、大変心強く思いました。やっぱりあれは変ですよ。

[Translate this page]
Tags:

Asian Paper Tablier / 亜細亜新聞前掛

I walked 1882 steps yesterday.
I walked 7335 steps the day before yesterday.
Asian paper tablier

写真に写っている布はエプロンのものです。先日のパーティーでプレゼント交換をしたときに友人からもらいました。友人はこのエプロンを出張先のベルギーで買ったものの、使う勇気がなかったそうです。

布に印刷されているのは中国の新聞広告を切り貼りしたもののようですが、「松坂牛肉・入口即溶・脂肪量豊」などは文の意味がわかるので面白いです。

しかし「農場・優良血縁」の後に書いてある「聰聴音楽・専人按摩」は、文字通りに解釈しても良いのでしょうか。

[Translate this page]
Tags:

Cats eye

I walked 2809 steps yesterday.
I walked 8020 steps the day before yesterday.

『浮世の闇を照らしてぞゆかん』の記事で知りました。『木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ』の制作が決まったようです。それでドラマの再放送をやっているんですね!

【写真】眠っていた猫は無理矢理写真を撮られたので迷惑なようです。

[Translate this page]

Tags:

Return of Hiromi Uehara / 上原ひろみ再び

I walked 6105 steps yesterday.
I walked 5663 steps the day before yesterday.

上原ひろみコンサートから、もう一週間経つんですねえ。

その時のポストのコメントにも書いたのですが、彼女がテレビのインタビューで、「65歳になる頃にはピアノを極めたい」というようなことを言っていたのです。私はこれにいささかショックを受けてしまいました。

だって、彼女は1979年生まれで、65歳になるまでにはあと40年もかかるんです。40年経ったら私は80歳を超していますよ。うーん。

「じいちゃんが聴きたがっていた、上原ひろみのニューアルバムが出たよ。」孫らしい青年はそう呟いた後、墓前でプレイボタンを押した…

いやいや!長生きしよう!

【追伸】 日本語版の公式サイトに『メッセージ』としてアップされている彼女のコラムは秀逸です。文才もかなりのものです。だから彼女の本が、本人の筆になるものではないと知ったとき、大いに落胆したというのが正直なところです。次はぜひ!

【追追伸】 まだ最新アルバムのものはありませんが、英語版の公式サイトに6曲ほどのmp3ファイルが置いてあります。"downloads"からどうぞ。また、"video clips"から入ると"Desert on the Moon"の演奏が見られます。英語版サイトはサービス満点!

[Translate this page]

Tags:

Frozen Morning / 凍った朝

I walked 2837 steps yesterday.
Frozen morning

朝霜が庭の葉に白い縁取りをつけました。

いよいよ寒さが厳しくなり、 今日は雪が降ると天気予報は言っています。

[Translate this page]

Tags:




Stone Storehouse / 石の蔵

I walked 4263 steps yesterday.
I walked 12052 steps the day before yesterday.
Mirror

一昨日、関東各所から仲間が集まってパーティーを開きました。私たちはアイリッシュミュージックとダンスを楽しみました。

パーティーを開いたのは、大谷石で作られた古い蔵を改造した建物でした。

[Translate this page]


Tags:



Automatic translation

I walked 6870 steps yesterday.

私は以前から悩んでいました。私のウェブログは日本語で書かれているため、日本語を読めなければ内容を理解することができません。

そして私はひとつの解決法を見つけました。自動翻訳を利用するのです! "translate this page"をクリックしてください。このポストが英語に翻訳されます。

しかし自動翻訳は幼稚ですから、普段通りの文章を書くとおかしな翻訳になってしまいます。そのために私は翻訳しやすい文章を書かなくてはなりません。それは少々めんどうな作業です。そして通常の言葉遣いとは異なるため、日本人は違和感を持つでしょう。

[Translate this page]

Tags:

Hiromi Uehara

I walked 9378 steps yesterday.

ジャズピアニスト上原ひろみのライブに行ってきました。アルバム『スパイラル』のリリースに合わせた“来日”だけど、彼女にとってこれだけ大規模なジャパン・ツアーは初めてなんじゃないでしょうか。

それだけ国内での期待が高まっていたわけで、かくいう私も「アメリカでたいそう評判らしい上原なんとかいう娘っこが日本さ帰ってくるんだと」「ほいじゃあ一回見に行ってみんべ」てな感じで、まともにアルバムを聴くこともせず、発作的にチケットを取ったおのぼりさんです。

そんなこんなで挑んだライブ、なかなか言い表しにくいのですが、彼女の作る曲がまず素晴らしく、それを演奏するトリオがそれはもうバカテクで、刺激的だけれどとても良い雰囲気にまとまっていて…と存分に楽しんだ3時間弱でした。涙が頬を伝っている人もいたし、演奏中に思わず最前列で一人だけ立ち上がっちゃったチョッキの人…ひろみちゃんが見えないよ……(ノД`)。

そんな中、もうちょっと何とかならんかというほどひどいMCでしたが、彼女が何を言うか固唾を呑んで見守る観衆。一旗揚げて帰ってきた娘っこに対する期待感が凄まじいわけですよ。そして演奏後に鳴り止まない拍手。ほんとに鳴り止まないんですから。凄いものを見せてもらったよありがとう!っていう感じでしょうか。賞賛、感動、激励。いろんな想いのこもった拍手。最後は彼女も涙ぐんでいました。

それにしても末恐ろしい20代です。この先彼女はどんな成長を遂げるのか、次回のジャパン・ツアーを楽しみにしておきましょう。

上原ひろみ SPIRAL TOUR
2005.12.1 品川プリンス ステラボール

MEMBER

Hiromi Uehara (Piano, Nord-kun)
Tony Grey (Bass)
Martin Valihora (Drums)

SET LIST

~1部~
M1 Kung-fu world champion (Brain)
M2 Spiral (Spiral)
M3 Big Chill (Spiral)
M4 Old Castle, by the river, in the middle of a forest (Spiral)
M5 If... (Brain)
M6 Love & Laughter (Spiral)

~2部~
Music for Three-Piece-Orchestra (M7-M10)
M7 Open Door-Tuning-Prologue (Spiral)
M8 Deja vu (Spiral)
M9 Reverse (Spiral)
M10 Edge (Spiral)
M11 Return of Kung-fu world champion (Spiral)

EC1 Green tea Farm (Brain)
EC2 Dancando No Paraiso (Another Mind)

Tags:

Carlos

I walked 2694 steps yesterday.
I walked 3697 steps the day before yesterday.

彼はあくまでも容疑者なんだから、安堵に胸をなで下ろしたり、憎しみを募らせてみたりするのはまだ早いだろ。本人は犯行を否定しているのに、“でぃーえぬえー”が一致したとかなんとか、科学の最先端っぽいことをいわれると、わけもわからずもうすっかり犯人扱いで、まったくコワイコワイ。


Tags:

Home > 2005年12月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。