ちどりのあしあと - 2005年04月

Home > 2005年04月

2005年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

牛乳寒+α

牛乳に砂糖を加えて甘くして寒天で固める。最近よく我が家で作る、いわゆる“牛乳寒”であるが、これを食するにあたっては、缶みかんを添えてみたり黒蜜をかけたりすると、デザートとしての質がぐっとグレードアップする。

その一環として本日、牛乳寒にアイスコーヒーをかけて食べてみた。するとなんと!コーヒーゼリーにミルクをかけたのと同じ味だった!

果たして、コーヒーゼリーにミルクをかけて食べたときに、牛乳寒を思い出せるだろうか。私にはその自信がない。

清志郎曰く

関組長の東京・永田町ロビー活動日記4月25日のエントリーに、アースデイコンサートの様子が書かれていた。忌野清志郎がMCで、

最大の環境破壊は戦争だ!みんな日本の憲法を知ってるかい?
戦争には参加しないんだ。日本の憲法は、まるでジョン・レノンの「イマジン」みたいだ!
日本の憲法を世界中に自慢しようぜぇえええええ!
と叫んだというのだが、“日本国憲法好き”としては大変嬉しく、心強い発言だ。

アースデイっていうのは、環境保護のイベントだと思っていたから、憲法のことが出てきて正直なところ意外だった。ところが今年の『アースデイ宣言』というスローガンの中に、「戦争は最大の環境破壊です」というのがしっかり入っている。なるほど、清志郎はこれを引用したのだ。

アースデイのスローガンには、イラクなどで現実に起こっている戦争のことが念頭にあると思うのだが、これに日本の憲法問題を直結させ、ズバリと言うところが清志郎大先生の偉いところだ。

今年の『アースデイ宣言』は全部で3つあって、一応触れておくと、他の2つは「ムダ使いをやめ知恵を使います」と「一つの地球に無数の個性を輝かそう」だ。詳しくはアースデイ東京 2005のサイトで。

さて、清志郎のMCだが、マスコミでは報道されたのだろうか。ググってみた。最近はニュース記事のみをピックアップした結果が出てくるので便利になったなあ。

予想通り少ない。この日の清志郎に触れているのは2件。ひとつはデイリースポーツの記事。これは“らしくて”笑える。

「ロックの基本は愛と平和。みんな、愛し合ってるか~い!?」と叫ぶと、ファン4000人から大歓声。マイクを振り回し、ヒット曲「雨上がりの夜空に」など全11曲を熱唱した。
もうひとつは、数少ない護憲政党のひとつである日本共産党の機関誌『赤旗』であ~る!

「戦争はやめたほうがいい。地球にもよくない」とアースデイ企画に参加した清志郎さん。歌の合間に「ロックの基本は愛と平和だ。一番の環境破壊は戦争なんだ。この国の憲法九条を知っているかい。戦争はしない。戦争に加担しない。愛と平和なんだ。まるでジョン・レノンの歌みたいじゃないか」と語りかけました。
どれも微妙に(大きく?)違っていて、ホントに「愛し合ってるか~い」と叫んだかどうかも怪しいところだが、清志郎の言わんとしているところはわかるよね。

理想主義のどこが悪い!理想を語らないでどうする!ビヴァ9条!ラヴリィ日本国憲法!私はそう言い続けていきたいと思いました、マル

旅のまとめ

というわけで、2日間の小さな旅から帰ってきた。釣りに行ったのだけれど釣りの話は万人に面白いものではないと思うので控えめにしたつもり。だって、針にぶら下がっている魚の写真なんて、自分で見てもグロテスクだと思うもの。魚の命をもてあそぶ事に批判的な意見もあるだろうし、自分でも理屈を付けるのが難しいと常々思っている。釣りの快楽は、ヒトの狩猟本能に根ざすものだと考えているのだがどうだろう。

全然旅の総括になっていないけれど、この際だからもう少しだけ触れておくと、私はルアーという疑似餌を使う釣りをする。同じ疑似餌でも、フライという毛針を使う釣りとは、道具も釣り方もかなり違う。今回出かけた忍野村というところは、湧水で有名なところで、澄んだ流れにいる魚を見ながら釣る、サイトフィッシングのメッカとして、主にフライフィッシングをする人たちの間でよく知られた場所なのだ。

釣り上げた魚は記録のために写真を撮ってすぐに川に返すのが基本。海釣りなんかだとすごい数を釣り上げたりすることもあるようだが、渓流のルアー釣りは、基本的に釣れない。ボウズでなければいいやという程度なのだ。釣れない釣りに血道を上げる。これを理解してもらうのも難しそうだ。

今回の旅では、ニジマスやブラウントラウト(おそらくは養殖モノ…ここにも釣りの問題があると思うのだが、ここでは触れません)を数本釣ることができた。一緒に行った友人は私の倍以上釣っていたから、私の腕は推して知るべしなのだが、負け惜しみではなく決して数がすべてではないのだ。ストレスもたまらず気持ちよく竿を納めることができたのだから、この釣りは大成功だといえるだろう。

釣り以外に、写真を撮ることも、旅の目的のひとつだった。いつもは3月の釣り解禁日に行くことが多いのだが、今年は1ヶ月遅れになった。そのおかげで春の風景を存分に楽しむことができた。満開のコブシの大木、ソメイヨシノよりも控えめなフジザクラ、川のせせらぎ、芽吹きはじめた草木。どれくらい写っているかはわからないけれど、そのうちFlickrにアップしようと思う。

あと、ケータイから記事をアップする“モブログ”って奴を試してみたわけだが、ケータイで文章を綴るのは難しいな。推敲もしにくいし、そもそも長文を打つのが苦手。だから、写真に付けた文章は無味乾燥なものばかり。折りを見てそれぞれの記事を補完しておこうと思っている。

休憩中

20050420173602
旅も終わりです。

かんぽの宿山中湖

20050420160603
ここの温泉がお気に入り。
これから帰路に就きます。

小池邦夫美術館

20050420155703
小池邦夫絵手紙美術館の本格茅葺き公衆便所

雨なのに

20050420131503
ちょっとのつもりが…

富士宮やきそば

20050420122110
噂の逸品を食す。

雨宿り

20050420085102
ああ、やはり雨です。
車の中で様子を見ていますが、望み薄でしょう。

忍野二日目

20050420061803
現在くもり。今日は雨の予報。

一日の終わり

20050420002411
民宿の部屋で、明日の釣りに備えて、オリジナル・ルアー作り。どうかな、うまくいくかな??

今日の釣果はまあまあでした。万歩計の数字は9747。

ローストビーフサンド

20050419123308
忍野に来ると必ず食べる。

富士山!

20050419110603
コブシの花が見ごろです。

朝もやの忍野川

20050419062103
釣り始めました。

忍野の車中にて

20050419022704
今夜は車の中で寝ます。

ガリガリ君もう一本

20050418172711
モブログのテストを兼ねて。
息子の食べたガリガリ君が大当り!ということで記念撮影。
今夜から友人と釣り旅行。旅先からいくつか記事を書いてみようと思っている。

彼らに爆弾を食べさせよう!

私の写真が載ったことで有名なイギリスの高級紙The Guaedianに12日、あのTerry Jonesのコラムが掲載された。タイトルは"Let them eat bombs"

ありがたいことに暗いニュースリンクがこれを邦訳してくれている。素晴らしい!みんなで読もう!

「連中に爆弾を食わせてやれ」byテリー・ジョーンズ

一部だけ紹介すると、彼はこのコラムで、米国主導によるイラク攻撃の結果、イラクにおいて5歳以下の子供が栄養失調に陥る割合が、サダム政権時代に約4%だったのに、昨年末の段階で約8%に倍増したというレポートを引用し、『軍隊を使って中東の子供達に良いことをしてあげよう省』に属する“我々”にとって、この結果は期待はずれであるとした上で、

そんなわけで、『軍隊を使って中東の子供達に良いことをしてあげよう省』の一員として、一般市民である皆さんから、知恵を拝借したいと訴える次第である。もしも皆さんが、私達が今までやってきたような、イラクの子供達に適用する軍事的手法を他にも思いついたなら、大至急教えていただきたい。我が国の現在の体制下において、イラクの子供達の問題に軍事的な対応をするためなら、使えるお金に制限など一切存在しないと、保証しておこう。
だって!昔ながらの皮肉屋っぷりが全開で嬉しくなるねえ。それでタイトルが『彼らに爆弾を食べさせよう』なんだ。彼らっていうのはもちろん、イラクの子供たちのことだ。

テリー・ジョーンズ最高!彼のことを知らない人のためにガーディアンにあったプロフィールを引用しておこうか。

Terry Jones is a film director, actor and Python.
テリー・ジョーンズは、映画監督、俳優、およびパイソンです。
そう、彼はイギリスの誇るコントグループ、モンティ・パイソンの一員だ。私が中学生だった頃のヒーロー。こんな人です。キャー!かっこいい!

050414_jones.jpg


今日の点取占い

最後の1枚だと思ったらアップするのが遅くなってしまった。さて、どんなのが出るかな。

050412tentori.jpg

「じょうづだ」ときた!しかもこの絵はフラダンスぢゃないねっ!

いや~、100円でずいぶん楽しませてもらいましたね。おしまいに『点取占い関連リンク』を張っておこう。大人買いするも良し。自分で詠むも良し。

花いち倶楽部:点取占いの歴史やあらましが詳しく書かれている。
http://www.hanaichi.net/club/

点取占い:ここも詳しいが、旧ジオのサイトのため「削除の対象になっています」の表示が不気味。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/4724/

駄菓子問屋やました:点取占いが買える。『なつかしおもちゃご案内』から。
http://www2a.biglobe.ne.jp/~dagashi/

今日の点取占い

娘が引きました。

050411tentori.jpg

点取さんの“宣言”か、引いた人の気持ちを代弁したのか。娘は高得点に喜んでおりました。
いよいよあと1枚!

今日の点取占い

良い天気。ちょっと風が強くて、桜の花びらがバンバン舞っています。散歩しながら彼女と、ではなくて、息子と手をつないでみました。

050410tentori.jpg


今日の点取占い

今日は息子が引きました。それにしても…

050409tentori.jpg

こうなると、占い、予言、過去の事実、警告、願望、などなどのどの範疇にもあてはまらない。どう解釈して良いものやら!

点取占いには、「○○がうんと食べたい」とか「○○がなくて困りました」というような、通常の占いの形に収まらない記述があることから、占いの中に人格が存在するというのは、これまで様々に指摘されてきた。一般的に(といっても、点取占い愛好家の中でのこと)この人格は“点取様”と呼ばれているようだが、当ブログではもう少し親しみを込めて“点取さん”と呼んでみた。これは、三省堂の辞書『新明解国語辞典』に人格が存在すると指摘したおそらく最初の本である、赤瀬川源平の『新解さんの謎』に敬意を表してのことだったりする。

残りあと3枚になりました。

今日の点取占い

点取さんに叱られた!うわーん!

050408tentori.jpg

今日の点取占い

昨日は時間がなくてアップできなかったけれど、ちゃんと一枚引いてます。だから今日は、昨日の分と併せて紹介しよう。まずは昨日の点取占いから!

050406tentori.jpg

「困りました」って過去の出来事についての報告じゃん。甚だ占いっぽくないところが“らしい”ところ。
こじつけるなら、中学に上がった娘のお弁当が“昨日”ではなく“今日”から始まる。
お茶は出るのだろうか。

そして今日の点取占いはこれだ!

050407tentori.jpg

「どちらがよいか」ときた。4日の「おおきくなったらプロ野球の選手になる○10点」を補完する意味合いがあるのだろうか。つまり、大きくなったらプロ野球のどのポジションの選手になるのか、というわけである。

私は、迷うことなくキャッチャーを選ぶ。事実、少年時代に一番なりたかったポジションがキャッチャーだった。しかし、憧れただけで実際にキャッチャーをやることはなかったのだ。記憶の扉が開いたよ。

小学何年生頃だっただろうか。スポーツ用品店に行って、かなりドキドキしながら「キャッチャーミットをください!」と言った私に、店の人は「ない」と言った。キャッチャーミットはあるのだが、私に合うものがないのだ。そのココロは、私が左利きだったから。「右利きのバッターが打席に入ったとき、左利きはスローイングしにくいんだよ」そんな説明を受けた気がする。ホントかね。とにかく私はそこで、左利きはキャッチャーにはなれないと宣告され、それを受け入れたのだ。

今になると、あの時言われた言葉に納得せず、キャッチャーをやっていたら良かったと思う。左利きのバッターも多いし、スローイングだって練習次第で何とかなる気がするのだ。何年か前の夏の甲子園大会に、沖縄代表のチームだったと思うが、左利きのキャッチャーが出場していたのを見たとき、ドキッとした。とても稀なことではあるが、まったく無理かというと、そうではなかったのだ。

日本プロ野球を代表する古田敦也捕手だって、若い頃は“メガネをかけている”というだけで珍しがられていた。キャッチャーはマスクをするせいか、“メガネッ子は御法度”だったのだ。もう今やそんなことを言う人は皆無だろう。

常識なんて蹴っ飛ばせ!子どもの俺に言いたい。うーん。それは無理だとしても、俺の子どもにはそう言うことにしよう。まあ、一応、今の俺にも言っておくか。

入学式での保護者に向けた挨拶

  • 2005-04-06 (Wed)
  • PTA
本日はお子様のご入学、誠におめでとうございます。
会長のchidoriと申します。PTAの活動について少しだけお話しさせていただきます。

千鳥小学校PTAは、在校生すべての保護者と教職員で構成され、子供たちの小学校生活をよりよいものにするために活動している集まりです。

最近、子どもや学校を巡る悲しいニュースが多く聞かれますが、ここ千鳥小学校の生徒たちは、千鳥の森の緑に包まれて、実にのんびり、のびのびと過ごしています。
校外を歩いても、木々の緑や花々があふれ、静かで落ち着いた、過ごしやすい環境が広がっています。

このような校風は、教職員の方々が永年に渡って、多くの生徒と関わる中で築き上げてきたものであり、学区の環境も、地域の方々の暮らしが作り出した、大変貴重な財産です。
私たちPTAは、学校と地域、双方に関わる存在として、この宝物に磨きをかけながら、子供たちを見守っていきたいと思っています。

これから6年の間には、様々なかたちで、PTA活動へのお手伝いをお願いすることになります。
本日配りましたPTAカードへの記入のお願いもそうですし、クラス懇談会では委員を決めていただくことになると思います。

そんな時はぜひ、自分の子どもはもちろんのこと、千鳥小学校の子供たち全体のために一肌脱ぐつもりで、また、地域と学校を繋ぐパイプ役として、さらには、親同士、親と教職員との繋がりを深めるためにも、ぜひ前向きに関わっていただきたいと思います。

ありがとうございました。

2005年4月5日

今日の点取占い

また“あした”だよ~。そして、明日学校に行く用事有り、ときた!

050405tentori.jpg


今日の点取占い

昨日の点取占いで「あした面白い事がある」との予言があった。

そんな、期待でいっぱいの朝、リビングの床にヒメネズミの惨殺死体。下半身がなくなっている。うげえ。うちの猫の仕業らしい。トカゲ、バッタまでは今までもあったが、ついに初めての哺乳類である。

面白いことってこれですか?

気を取り直して今日の点取占いを。

050404tentori.jpg

私はもう十分大きくなっているように思うが、点取りさんに言わせればまだまだ若造ということか。身体を鍛え直してマスターズリーグの門でも叩くか。うーん。あそこはプロ野球OBしか入れなかったっけ。欽ちゃん球団は“ノンプロ”だし、さすがに日本プロ野球機構のトライアウトを受けるには年齢の壁がなあ。

点取さん、残念ながらこの予言は…。

今日の点取占い

“今日の”なのに~!

050403tentori.jpg


今日の点取占い

毎日こればっかりになっているけれど、ひとパックに16枚入っているので、こうなったら最後まで全部紹介するつもり。

さて、今日の一枚はこれ!

050402tentori01.jpg


何という偶然か、ちょうど昨日、子ゴキを叩き潰したばかり。そろそろシーズンだねえ。コンバットでも買ってこようか。「やりませう」だって!

子供たちにも引かせてみたよ。8点が娘。食いしん坊の彼女にぴったり。7点が息子。腰の引けた直滑降が秀逸!

050402tentori02.jpg


050402tentori03.jpg

今日の点取占い

“今日の”というんだから、一日の早いうちが良いだろうと、朝に一枚引いてみた。うわーい。また10点だ!しかも今日のは絵入りだい。占いの中身は想定外だったけれど、そういうことなら“僕の夢リスト”に加えておこうかな。

050401tentori.jpg


Home > 2005年04月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。