ちどりのあしあと - 2003年07月

Home > 2003年07月

2003年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

水月観音

幼稚園の父母会が主催する北鎌倉の史跡めぐりに参加。“縁切寺”東慶寺を案内してもらった。ご住職の軽妙トークがフルスロットル!「菩薩は“ボーディサットヴァ”の音写である“菩提薩○(土+垂)”を略したもの、つまり“キムタク”なのです!」ご年配バージョンでは最後の部分が“エノケン”になるらしい。あ、ネタばらししちゃった。

それはさておき、水月堂にいらっしゃる水月観音菩薩のなんと素晴らしいことでしょう!通常は公開されておらず、東慶寺を訪れる計画のある人は、ぜひぜひ事前に見学の申し込みをしてからにいたしましょう。

鎌倉時代、宋の影響を受けて院派の仏師集団が作った(らしい)、高さ34センチほどの小さい観音様です。神奈川県の重要文化財に指定されています。右手に “未敷(みふ)の蓮華”を持ち、水辺に腰掛けて水面に映る月を見る、そのお姿の妖艶さよ!視線は台座から斜め下方を向いていて、ご住職は「流し目」と表現されていたけれど、畳に座って視線を受ける位置から見ると、それはもう!

原画展続・続報!

7/5、最終日でした。展覧会を企画してくれたAさん始め『グループ赤いくつ』の皆さんありがとうございました。懐かしい人たちに会えたのが嬉しかったなあ。

ギャラリーのSさんもそのひとり。片付けが終わって引き上げるとき「民宿のおばさんの気分なのよ」と言っていたのが印象的でした。一週間泊まっていたお客さんが帰ってしまうような寂しさ。民宿で働いたことないけれど、わかります。

それから、『いしかわけん原画展』という看板を見て、“石川県”の何かだと思って入ってきた人がたくさんいたんですって。無理もないですよね。

原画展続報!

初日に顔を出してきました。ワタクシの粗末な絵でも、きれいに飾ってあるとずいぶん立派に見えます。

チドリアンBBSを見て寄ってくれたEharaさんとも会えました。ホントに久しぶりの対面で、十数年前はまだ小学生だったから「○○ちゃん」と呼んでいたのに、2人もお子さんがいて!思わず「大きくなって」と言ったら「そっちこそ!」と返された。ふふふ。

Home > 2003年07月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。