ちどりのあしあと - 2002年10月

Home > 2002年10月

2002年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ディナー・ラッシュ

映画『ディナー・ラッシュ』を観ました。なんのことやらさっぱり、という人は公式ホームページを。(それにしても映画のHPって、どうしてどれもFLASHが使ってあってまどろっこしいんでしょうね!)

私は始め、映画評にだまされ観る気が起きなかった。曰く「食欲のツボを刺激されて確実にお腹が空くよ!」とか「久しぶりに目で満腹感が味わえる極上品」「この極上の逸品を食べ逃すと、一生の不覚になるかもしれないよ」などなど。「一生の不覚」って大仰な。ちょいと小粋なグルメ映画かあ。うーん、どうかねえ。

ところが!これが良くできた映画なんだ!ニューヨークの人気イタリアン・レストランのオーナー(ダニー・アイエロ!)は賭けの胴元。息子であるシェフとの確執。マフィアとの黒い関係。レストランの従業員や常連客の人間模様。様々なドラマが1日の間に描かれる。上映時間99分。テーブルに広がった色とりどりの料理が、ラストできれいに片付けられる、その鮮やかさに舌を巻く。どう?この表現。

監督はCMやミュージッククリップで有名な人。実際にレストランのオーナーで、撮影も自分のレストランでやったんだって。狭い厨房のシーンなんかたいしたもんだよ。2度3度と味わいたくなる極上品。お勧め★★★!どう?この表現。

あれから30年

今から30年前、私が子供だった頃、横浜の実家近くにちょっとした丘があって、その脇を流れる湧き水で沢蟹を探したりして遊んだものだった。都会とはいえ、それくらいの自然が残っていた時代。ところがいつの間にやら丘は削られ、家が建ち並び、辺りはビッチリとコンクリートで固められてしまった。

それが昨日、実家へ寄った折りに覗いてみると、コンクリートの継ぎ目や雨水抜きの穴から、蕩々と、というのはオーバーだが、結構な勢いで水が流れ出ているのだ。

おじさんがバケツで水を汲んでいるので尋ねると、これがあの湧き水だという。年々水の量は少なくなっているというが、おじさんが洗車に使うくらいは十分ある。

舐めてみると鉄分が多く飲料には適さないようだが、今まで湧き続けていたことに、幼なじみに会ったような喜びを覚えた。と同時に、コンクリートの壁から吹き出す赤錆色の水に、瀕死の動物から染み出す体液を連想したりもして。

Home > 2002年10月

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。