ちどりのあしあと - Opinion

Home > Opinion

Opinion Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Free Rice 貧困と飢餓

Free Riceという飢餓撲滅のためのサイトを知った。

表示されている英単語の同義語を選択肢から選んで正解すると、10粒の米がWFP 国連世界食糧計画に寄付されるというサイトで、資金は、正解すると画面下に表示される広告によってまかなわれるという。

早速息子と一緒にオンライン辞書を引きつつやってみた。10問正解したので100粒寄付できたことになる。知識を増やしながら(いや、本当は全く身についていないけれど)、いいことをした気分になれるなんて素敵だ。

100粒ポッチでなんだとおっしゃる向きもあろうが、塵も積もれば何とやらで、サイト起ち上げの10月7日こそ830粒しか集まらなかったが、11月10日には一日で1億2237万7240粒、トータルで11億9440万2960粒の米が集まっている。ITmedia Newsの記事によると、米10億粒が5万人の1日分の食料になるという。

ところが、とてもこれが十分な数だと言えないことが、Free Riceを発案したジョン・ブリーン氏によって運営されている、その名もPoverty.com(貧困ドットコム)を見るとわかる。

トップページには世界地図上に次々と浮かんでは消える笑顔の写真。飢餓によって亡くなった人の写真だ。年端もいかない子供が多いことにあらためてショックをうける。WFPの統計によると、その数は毎日25000人になるという。

つまり、Free Riceで約1ヶ月かけて集められた米は、飢餓によって死ぬ人の2日分の食料にしかならないということになる。

Poverty.comでは、政府開発援助 ODAによってこの状況を改善していこうと提案している。具体的には、国連によるミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)の中に設定されている、2015年までにODAのGNI比を0.7%にするという数値目標の実現。そのためにこのサイトでは、各国首脳宛に手紙を送るよう呼びかけていて、文例を用意してくれている。日本向けのものを引用する。

私たちは、予防可能であるにもかかわらず飢えや貧困に伴う病気により亡くなってゆく数万人もの人々を支援するため、政府にも協力を要請しております。

具体的には、2002年のモンテレー会議で起草、署名され、同じく2002年のヨハネスバーグ・サミットにおいても再び署名された合意内容を支持していただくということです。この合意では、国の収益の0.7%を貧困に苦しむ国々の支援に充てることが約束されています。

国連の予想では、この合意に署名した22カ国すべてが、国の収益の0.7%という目標を達成すれば実に1950億ドルが拠出されることになり、世界中の飢えや貧困に対し多大な効果を発揮することになります。

0.7%という数値を達成している下記の国々には、深く感謝しております。対象国:デンマーク、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、スウェーデン

また、この数値を達成すべく具体的な計画を掲げている下記の国々にも深く感謝しながら、同時に一日も早い達成を望んでおります。対象国:オーストリア、ベルギー、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ポルトガル、スペイン、英国

そして下記の6カ国には、この内容を支持し、0.7%という数値を達成すべく具体的な計画を作成していただきたく考えております。対象国:オーストラリア、カナダ、日本、ニュージーランド、スイス、米国

何卒、ご検討の程を宜しくお願い致します。

にわか勉強によると、具体的な計画がないとされる日本は、ODAの総額ではアメリカに次ぐ第2位の供与国だが、国民総所得(GNI)における割合では0.7%に遠く及ばず、1985年の0.34%をピークに下がり続け、2004年には0.19%と過去最低の水準になっている。(外務省: 日本の援助形態別ODA実績及び対GNI比の推移

外務省の作ったパンフレット(ミレニアム開発目標:2015年に向けた日本のイニシアティブ)を読んでも、貧困対策にはインフラ整備や人材育成に重きが置かれ、当座の飢餓救済にはほとんど触れられていない。

国の借金が膨れあがる中でのODA増額には批判も多い。その中身にうさん臭さが感じられる現状では、0.7%の目標が達成されても、残念ながら飢餓対策に有効な手段とはなり得ないかもしれないと思った。長期的な貧困対策は当然なされるべきだが、まずは何か食わせてくれと、毎日飢餓で25000人死んでいく状況下の人は言いたいんじゃないかと勝手に推測するが、どうだろう。

参考:JICA-ODAジャーナリストのつぶやき vol.170 自民党政調から出たODA増額提言

Free Burma! ビルマに自由を!

Free Burma!
Created by Jurablog

ビルマのデモで射殺された長井健司さんの遺体が4日朝、日本に戻ってきた。俗に言う「無言の帰国」というやつだ。先日、赤レンガ倉庫で、Days Japanの国際フォトジャーナリズム大賞展を観て、知られざる世界の現実に脚光を当てるフォトジャーナリストの仕事に感銘を受けていただけに、長井さんが殺されてしまったことにショックを受けた。遺体は戻ってきたが、デモを撮影したビデオテープは没収されたままだ。文字通り命を賭して撮影したビデオテープだけは、何としても取り戻さなければならないだろう。

そんな今日、10月4日は、International Bloggers' Day for Burma だそうだ。この項は、その呼びかけに賛同する意味で書いている。

ビルマ軍事独裁政権のおこなっている民衆弾圧に抗議し、ビルマ国民による民主化の動きを支持する。

余談だが、ATOKで「ビルマ」と打つと《地名変更「→ミャンマー」》と変更を催促される。細かい心配りに感謝するが、余計なお世話だよ。

Link:
Free Burma! - International Bloggers' Day for Burma on the 4th of October 2007
 「ビルマに自由を!」ブロガー・キャンペーンのページ
GIVE US BACK HIS CAMERA!! (with constant news updates) on Flickr
 nofrillsさんによる長井さんのカメラを返却するように求めるFlickrのページ
2007年ミャンマー反政府デモ - Wikipedia
 ウィキペディアにもう項目ができていた。

Give Us Back This Camera
Created by nofrills

電力不足はなぜ起きたか

「猛暑」が続くもんだから、東京電力管内の22日の最大電力使用量が6147万キロワットに達し、今夏の最高記録を更新したそうだ。地震で柏崎刈羽原発が全機止まってしまったもんだから、電気が足りなくなるかもしれないらしいね。

で、東電は何をしたかっていうと、休ませていた火力発電を動かしたり、他電力会社から電気を融通してもらったり、消費者に節電を呼びかけたりした。それでもやばそうだっていうことで、ついに大口契約者に供給カットをお願いしたり、データ改ざんのペナルティとして止めていた水力発電を動かしたりして対応したそうだ。

電気が足りない!停電しちゃう!っていうのは確かにオオゴトなんだが、この事態を招いたのは、決して猛暑のせいじゃなくて、東電の危機管理がなってないからだって指摘したマスコミはあった?なぜだかみんな東電に甘いような気がするんだけど。

そもそも、なぜ柏崎刈羽原発が止まっているのかっていうと、激しい地震の揺れでぶっ壊れたからだ。こんなことはあり得ないはずだったんじゃないの?

原子力発電所の地震対策につきましては、その立地にあたり、綿密な地質調査を行い、活断層が直下にないことを確認して設置場所を決めるとともに、過去の地震等を詳細に調査し、想定される最大級の地震に耐えられるよう設計、建設を行っております。

これは一昨年の株主総会で東電取締役会が言ったこと。全部ウソじゃん!「想定外でした」で逃げ切るつもりなんだろうか。秋が来たら、停電しなくて良かったね、で済ませるつもりなんだろうか。

マスコミには、東電と国による「原発耐震偽装事件」をもっと追求してほしい。デタラメな耐震指針によって原発が止まり(ある意味止まって幸運だった)、あっという間に電力不足になったのだ。

東電は口を開けば、電力の安定供給こそ我が社の使命!みたいなことを言うくせに、ひとつの場所で地震が起きただけで、停電になるかもしれないってそりゃなんだ!

原因は、国策国策と調子に乗って、原発の比率を上げ過ぎたことや、原発の新規立地が難しいために、ひとつの場所にたくさんの原子炉を作らざるを得なくなったからじゃないのか?危機管理など全く眼中にない勢いだ!

この件については他にも言いたいことがいろいろあるけれども、とにもかくにも今回の電力不足はあくまでも東電が引き起こしたんだっていうことを、基本的な認識として共有したいと、そういうことなので皆さんよろしく。

昭和20年8月9日(木)午前11時02分

長崎の祈念式典での首相挨拶から。

 私は、犠牲者の御霊と長崎市民の皆様の前で、長崎、広島の悲劇を再び繰り返してはならないとの決意をより一層強固なものとしました。今後とも、憲法の規定を遵守し、国際平和を誠実に希求し、非核三原則を堅持していくことを改めてお誓い申し上げます。

一部で首相の挨拶が「非核三原則をチェンジし…」と聞こえたと話題になっているが、それはさておき、広島でも同じことを言っている。

 私は、犠牲者の御霊と広島市民の皆様の前で、広島、長崎の悲劇を再び繰り返してはならないとの決意をより一層強固なものとしました。今後とも、憲法の規定を遵守し、国際平和を誠実に希求し、非核三原則を堅持していくことを改めてお誓い申し上げます。

コピペなのはまあしかたないとして、これらの挨拶の内容をきちんと実行してほしいものだ。チェンジではなく堅持する方向で…。

Link: 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典内閣総理大臣挨拶

拝啓、森永卓郎様

柏崎刈羽原発のすさまじい事故の状況が次々と明らかになっているが、これはまだまだ序の口だと思う。今日中に格納容器内の状況まで調べたいとしているが、一部の作業員は連日大量の被曝を強いられながら作業をしていることと思う。やらなければならないことはあるのだろうが、健康を害するような特攻隊まがいの作業は避けるべきである。

今朝、ニッポン放送を聞いていたら、森永卓郎さんがご自身の番組で、柏崎刈羽原発の早期復旧を求める発言をしていたので、早速反対のメールを送った。備忘録として下にコピーを貼り付けておく。あわてて書いたので乱文ではあるが。

国と電力会社が原子力発電を推進しているのは、決して電力のためではないと私は思っている。核武装という手駒を確保しておきたいからだ。

今回の地震で、原発が地震に弱いということになったら、地震国日本の原子力産業は崩壊しかねない。国や電力会社は、そういう印象を持たれないようにいろいろと手を尽くしてくるだろうと思っている。

その一つが、電力不足キャンペーンだ。猛暑が来る(実際そういう予想だそうだが)、電力が不足する、と宣伝することによって、柏崎刈羽原発早期復旧の気運を高めようとするだろう。短期的に見れば確かに不足するかもしれないが、電力の融通などで十分まかなえるはずだ。

だから、テレビやラジオや新聞が、原発停止=電力不足、という不安を煽ることに注意を払う必要があると思っている。

まだまだ明らかにされてはいませんが、今回の地震で7つある原子炉はどれも大きなダメージを負っているはずです。原発は巨大な精密機械です。設計時に想定していなかった地震に揺さぶられた原子炉に、上辺だけの修理をしても、再起動するのは危険です。

それに加えて原発直下を走る活断層の問題があります。そもそも原発を建てるには不適切な場所だったのです。今回、破局的な事態にならなかったことは幸運だったと思います(まだ余震が続いていますから危険な状態ではありますが)。

そして、活断層の問題を始め、相変わらず事あるごとに事実を歪曲し隠蔽しようとする、国や電力会社の体質に大きな問題があります。原発を運転する資格無しと思います。

そんなこといっても復旧できなかったら電力不足になってしまうじゃないかと、森永さんはそういうお立場だと思いますが、日本で作られている電気の3割が原子力であるというのは、国策として奨励されていたからに他なりません。

ある意味無理矢理、エネルギー効率の悪い原子力発電の比率を引き上げてきた経緯があります。電力消費量にしても、オール電化を始め、電気無しでは暮らせないようなシステムに移行させられてきたのではないでしょうか。

以前福島原発で事故隠しが明らかになったとき、やはり原子炉を全機停止して、一夏乗り切ったことがありました。このときも電力不足が叫ばれ、他電力会社から電気を融通してもらったり、休ませている施設を動かしたりしましたが、何か事あるごとに、電力会社の最大の使命ともいえる安定供給ができなくなる原子力は、大規模な発電方法として向いていないか、比率が高すぎるのではないですか。

CO2削減のために原発を奨励するのも、今回のように国民の命を危険にさらしてまですることではありません。

舌足らずですが、以上が私の意見です。ぜひ、日本の電気エネルギー政策に潜むからくりに目を向けていただき、電力不足キャンペーンに安易に乗らないよう、懸命なご判断をしていただきたいと思います。

Link: 森永卓郎と垣花正の 朝はニッポン一番ノリ! AMラジオ 1242 ニッポン放送

日本でも国によるインターネット規制が始まる!

中国のGreat fire wallや、Flickrによるドイツや韓国での検閲について記事にしてきたが、日本でも、インターネットに対して規制を加えようと国が動き始めている。

総務省の「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」は6月19日、通信、放送に関する規制を見直して競争を促進することを主旨とする中間報告を発表した。

要注意なのは、テレビなどと共にインターネットも対象にした「情報通信法」というような法律を2011年までに作ることを提言していて、インターネット上のコンテンツは「公然通信」という名で呼ばれ、新法では、「公然通信」による「有害コンテンツ」を排除するための規定を設けるという。

現状で違法なネット上での行為なりコンテンツを取り締まることは必要と考えるが、これとて運用には十分注意が必要である。ましてや「有害コンテンツ」を誰がどうやって規定するのか、報告書にも触れてはあるが、表現の自由や表現者の人権が侵害される危険性が大きいといえるだろう。

この動きにはネットユーザー全てが大いに注目すべきだと思う。中間報告に対するパブリックコメントが7月20日の午後5時まで受け付けられている<注1>。日にちが残り少ないがぜひ発言して欲しい。リンク先に情報が充実している。ぜひご一読を!

<注1>電子メールアドレス:houseikikaku@soumu.go.jp
総務省情報通信政策局情報通信政策課通信・放送法制企画室 あて

Link: カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記
Link: 意見募集中案件詳細

柏崎刈羽原発

新潟でまたひどい地震。震源は柏崎刈羽原発から9キロしか離れていないとラジオで言っていた。テレビではグシャッとつぶれた瓦屋根の家と共に、原発での火災の様子を映していた。しかしいつまで経っても消火作業をしている様子がない。海の日だから人がいないのかな、なんて思ったりもしたが、おそらくそれどころではない事態が所内で起こっていたのだろう。

東電が作っている原発のウェブサイトに「リアルタイムデータ」というページがある。地震の後すぐにこのページを開き見ていたが、12時を過ぎても午前10時のデータのまま。いったいこれのどこがリアルタイムなのか。

次に12時半のデータとして更新されたものは、驚いたことに、モニタリングポストも排気筒モニターも全て点検中と表示されていた。

どうやら電源喪失のためデータを送れなくなったらしいのだが、緊急時にデータを送れないくらいなら、リアルタイムなどと自慢気に公開することは止めた方がよい。

柏崎刈羽原発では、1,5,6号機が定期検査中、3,4,7号機が定格運転中だった。2号機は定期検査を終え、再起動の作業中だったらしい。地震が起き、2,3,4,7号機でスクラムがかかり制御棒が挿入された。おそらく無事挿入できたのだと思う。

ただ、自動停止できたとはいえ、しばらくは高温の核燃料を冷却し続けなくてはならない。今すでに、冷却水を循環させるパイプにひびが入っているかもしれない。今後の余震でパイプが破断し、冷却水が炉心から無くなってしまうかもしれない。過去に東電が隠していた事故のように、制御棒が脱落して核燃料が反応し始めてしまうかもしれない。オーバーなようだが、未だに危険な状態は続いているということなのだ。

定期検査中の原子炉でも安心できない。実際、6号機で放射能を含んだ水が漏れたというプレスリリースがあった。制御棒脱落の危険性はこれらの原子炉でもある。また、大きな揺れで配管に亀裂が入った可能性もある。

作業員は大変な緊張の中、作業に追われているだろう。発電所内で4人の負傷者が出ているとの報道もある。どれくらいの情報が公開されるかはわからないが、引き続き注視していくことが必要だ。今後のことはまた別の機会に。

Link: TEPCO : 柏崎刈羽原子力発電所 | トップページ
Link: 柏崎刈羽原子力発電所/リアルタイムデータ
Link: TEPCO : プレスリリース | 柏崎刈羽原子力発電所6号機の放射性物質の漏えいについて

幣原喜重郎の言葉

Stamp

日経BPnetに載った立花隆氏の記事を読んだ。憲法9条を発案したのは誰かという文藝春秋の過去記事を紹介しながら、でもまあ結局は、誰が発案したかは重要なことではなくて、9条が日本の存在に大きな役割を果たしてきたことが重要で、これからもそれは変わらん!という論旨だった。私もそう思う。

立花氏が引用している文藝春秋の記事に、なんとも心揺さぶられる一文があった。9条を発案したといわれている人物の一人、当時の首相、幣原喜重郎が語ったという言葉だ。

“今日我々は戦争放棄の宣言を揚ぐる大旗をかざして国際政局の広漠たる野原を単独に進み行くのであるけれども、世界は早晩戦争の惨禍に目を覚まし、結局私共と同じ旗をかざして遥か後方についてくる時代が現われるであろう。私はそれを墓地の蔭から見たいと思う”

ああ、幣原さん。草葉の陰で歯噛みしている姿が目に浮かびます。オーラの色は…わかりません。

我々に続くはずの世界は未だにドンパチの連続で一向に目を覚ます様子はなく、日本はこんな重い旗は降ろしちまえとすら言い始めている。憲法前文にある、国際社会における“名誉ある地位”というのが武器を持って戦うことじゃないっていうことを日本人はいつになったら気づくのだらう!

Link: 改憲狙う国民投票法案の愚 憲法9条のリアルな価値問え - ビジネススタイル - nikkei BPnet
via: 改憲国民投票法案情報センター

画像は、昔ドナルド・エヴァンスにインスパイアされて作った幣原喜重郎の記念切手。ドナルド・エヴァンスはフォトショップでちょちょいと作るような手抜きはしないと思うけど。

Home > Opinion

My Contact

Flickr
Twitter

Banners

free_rice_banner

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Comments
Recent Trackback
Links
Archives
Categories
Meta
Feeds

Page Top

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。